幼女戦記第8話「火の試練」あらすじと感想

幼女戦記第8話「火の試練」は共和国の市街戦のエピソード。
第7話のコメントであったように、第8話は終始シリアスだった。

冒頭はライン戦線のシーンで、魔導大隊が参戦していた。
この戦闘でグランツが手を負傷。
何かの伏線かと思ったけど、少なくとも今回は何もなかった。

ヴィーシャとヴァイスが会話してたけど、
原作だともっと冗談を言い合ってるらしい。
ヴィーシャはまだ少尉でヴァイスが中尉なのは意外……。

帝国が占領した地域「アレーヌ」でパルチザンの蜂起があった。
このパルチザンを掃討するのがターニャ達の任務。
ただし表向きは市民に危害を加える事は禁じられていた。
市民と戦闘員との区別がつくわけがない。
ターニャはどうもパルチザンに怒ってた様子。
これから出るであろう犠牲者を憐れむ表情と、
それを招く事になるパルチザンを侮蔑している表情が混ざったような顔をしてた。
で、上官にパルチザンへの皮肉を言って咎められてた。
ここでターニャはくるくる踊りつつ演説してるような物言いをしてた。
そりゃ勝敗は決してる訳だしねえ。
無意味に人死にが増えるだけ。

前半は市街戦シーンで敵にも魔導兵がいて、空中戦をやってた。
魔導兵って事はパルチザン(民兵)ではなく、元共和国軍。

当該地域は事前に避難勧告が出ていた。
よって、当該地域に残ってるのは戦闘員ということになる。
しかしパルチザン側は市民を残して人間の盾にしてたらしい。

市街戦でヴァイス中尉は負傷し、撤退。
ターニャは迷いがあったから負傷したと察してた。
帰ったら覚悟しておけと。
ヴァイスは抗議しようとしてた。
ターニャはヴァイス1人いなくても問題ないと。
それはそれで、ヴァイスのプライドがどうなのかw
ヴァイスは指揮官として無能と言われてるかのよう。

パルチザンはあっさり撤退を余儀なくされていた。
ターニャは「市民を不当に捕虜にしている」と警告していた。
これは暗に人間の盾の事を言ってる。
でもパルチザンはその含意をわかってなかった。
監禁してる帝国兵の事を言ってると思い込んでいた。

パルチザンは逃げ出した帝国兵を射殺してた。
それをヴィーシャはバッチリ、映像記録。
これでパルチザン討伐の大義名分は成立。

後半はパルチザンを殲滅するシーン。
逃げ遅れの市民も、市民に偽装した民兵もまとめて爆撃してた。
露骨なグロ描写は無いけど死体くらいは描いていた。
パルチザンは市民丸ごと砲撃を受けて動揺してたけど、
そりゃそうなるだろとしか……。
でも作中世界では、人間の盾は攻撃しないという紳士協定でもあるんですかねえ。

グランツは市民の死体を見て吐いてた。
砲撃を妨害している殿軍の排除に抗議してた。
グランツはライン戦線では敵兵を殺すのに躊躇がなかったのと対照的。
ターニャはグランツを銃床で殴って諫めてた。
でもターニャの立場で作戦を変えられるわけがないし。
グランツは軍組織の事をよくわかってないんですかね……。

で、グランツは迷いつつ銃を取り発砲してた。
誰を撃ったのかは暗転して不明だけど、
ターニャを撃ったのかなという気もする。
もちろんターニャに当たるわけがない。

最後は市街戦そのものを合法化する論文の話。
レルゲンはゼートゥーアの作戦がターニャの論文を下敷きにしたと指摘。
これをレルゲンがこのタイミングで指摘する意味がわからない……。
ターニャとゼートゥーアとの癒着的な懸念?
ゼートゥーアは「(ターニャに)共和国との戦争終結の大役を任せる」と意味深発言。
自分の作戦の責任をターニャにおっかぶせる狙い?

EDは新EDでLos Los Losではなくバラードだった。
週末にOPとEDのCDを買って届いたのだけど、
これはLos Los Losのカップリング曲だった。
さすがに市民諸共爆撃というエピソードでは、
Los Los Losの曲想は浮いてしまうんでしょうね。

Cパートではアンソン・スー太佐が生きていたと判明。
何ヶ月も意識不明だったらしい。
フィヨルドで溺れていた際に光と見たと。
「神」からターニャを滅ぼせとの啓示を受けたらしい。
眼が金になってたのは存在Xの介入みたい。
最終話はターニャVSスー大佐になりそう。

今後もシリアス展開が続いて終わりそう。
コメディとして面白かったのは前半までかな。

“幼女戦記第8話「火の試練」あらすじと感想” への3件のフィードバック

  1. 幼女戦記 TokyoMX(3/03)#08

    第8話 火の試練 協商連合との戦闘が一段落尽いて再び激戦地の ライン戦線に投入された第203航空魔導大隊。晴れ時々砲弾日和、あはようからおそようまで砲弾と一緒。朝に目覚めると…

  2. 幼女戦記 第8話「火の試練」

    第8話「火の試練」

    おはようからおそようまでライン戦線は今日も地獄。
    気を抜くなと釘を刺されたのに怪我をしたグランツ少尉。ピックアップされるという事は何かあるな。

  3. 幼女戦記 第9話 『前進準備』 博士再び!…嫌な予感しかしない。

    ウーガ大尉、いや少佐!軍大学で一緒だった一児のパパと再会。後方勤務を勧めてもらった恩がある。出世競争に邪魔だから排除しただけなのに感謝されてるwwwしかも昇進してター…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)