夜ノヤッターマン第7話「夢の海」の感想

今回もロクに話が進んでないですね。
レパード達が飢えでおかしくなって、
龍宮城に行くとか言い出したり、
それを利用してゴローが亀形メカの罠でレパード達を捕らえたけど、
例によって天才ボルトカッツェの即席メカで脱出してお終い。
レパード達が首都への検問を避けるために
デッカイドーを南回りで東から迂回して進んでいる
ってことが判明しただけ。
ゴローの左目はマスクではなく義眼っぽいですね。
この義眼が動いた直後に何かを思いついたようなシーンがあって、
タブレットPCを使ったりしてるのを考えると、
義眼は何かの電子デバイスなんですかね。
この義眼が動作するズームアップをわざわざ入れていたので、
何か意味があるのかなあと。
ヤッター兵に暴行を受けていた新キャラが登場してましたが
このキャラがススキノだとか、キャバレーだとか言い出すけど、
シモネタを入れるのが「夜」って意味なんですかね……。
それとオダ様が「ここがええんか?」「そこそこ」というシモネタをやってたり。
あとレパードがなぜか「~にゃ」という語尾に変わってましたが、これも説明なし。
頭がおかしくなってるという描写なんだろうけど、
なぜ「にゃ」なのかって思ってしまうw
今回もゴローの意味ありげなシーンが会って、
ゴローがタブレットPCをに写ったアルの姿を見つけると、
何かに気づいたように言葉に詰まってたので、
やっぱりゴローはアルやガリナの関係者でしょうね。
それと、ガリナのサイコロをボルトカッツェが改造して、
サイコロが自走できるようになってました。
あとボルトカッツェがそれを「おもちゃですね」と評してたし、
これが後日、オモッチャマになるんですかね。
ということは、夜ノヤッターマンとは
ガリナがヤッターマンになる経緯を描いてるのですかねえ。
最後はベイマックス的なラストになるのかも。
つまり、真のヤッターマンというヒーローが誕生して
「俺たちの戦いはこれからだ」的な終わり方。
パラレルワールドではなく、ヤッターマン本編に続く前夜譚なのかも。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)