一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

ゼーガペイン第17話「復元されし者」感想

ゼーガペイン第17話「復元されし者」は、
シンが母艦オケアノスに潜入し、
リョーコの幻体が修復されるエピソード。

冒頭はキョウがリョーコを見舞うシーンと、
リョーコの見舞いにはミサキもついてきてた。
ミサキはキョウがリョーコを見舞うのを快く思ってない様子だった。

副司令が司令の為にクッキーを届けるシーンもあり、、
司令はどこかへいなくなっていた。
司令とミサキとはゼーガで秘密の任務に出ていた。
司令は「いつも付き合わせて悪いな」と言っていた。
ミサキは「仕方ないわ。他の人には頼めないもの」と答えた。
司令が自ら赴く必要があって、
ミサキじゃないと役に立てない任務ってことだよねえ……。

幻体データはゼーガにいるだけで損耗するらしい。
それでアルティールにリョーコを置きっ放しにするのは、
リョーコの消滅を早めるだけ。
副司令はキョウの考えくらいわかると言ってたけど、
リブート前のキョウも似たような事を言ったんでしょうね。

副司令が現状確認していた。
セレブラム側のサーバーは11基。
人格データは3000人。
セレブラントは68人。
サーバーは元は300基以上あったらしい。
ここまで劣勢になったのは、デフテラ領域のせいかな。
ロボットバトルだけ見るとセレブラントの方が優勢に見えるので。

キョウとリョーコが哨戒任務に出ている際に、ガルズオルムに襲われる。
でも敵は適当に戦って撤退した。
キョウ達はエンタングルで母艦に戻るけど、
シンがエンタングルに張り付いて母艦へ潜入していた。
恐らく一度ゼーガに抱きついた時に何かを仕込んでいた。

シンはセレブラントのように母艦のシステムを乗っ取ってた。
復元者は生身だけど自在に幻体にもなれるという存在だった。
シンはイェル(ミサキ)に会いたがっていた。
ブリッジに入る前に「ここにいる」と言ってたけど、
実際のブリッジ内にはいなかった。
それでも「ここにいるはずなのに」と言ってた。
ミサキはブリッジのどこかに隠れていた?

それと、セレブラントが戦う理由を知りたがってた。
その為にわざわざ母艦へ来るのは作戦とは思えないので、
シンの個人プレーって印象だったけど、
ガルズオルムの母艦に戻った際に、
シンはアビスに光なき者が戦う理由を伝えていたので、
やっぱり作戦として単騎特攻したのかも。

シンはリョーコから「かけがえのない物を失いたくない」と戦う動機を聞き出し、
その返礼としてリョーコに何かを与えていた。
するとリョーコはアルティールから離れても幻体として動けるように回復。
ずっとアルティールに縛り付けられたままと思ってたら……。
簡単にキャラを殺して、あっさり蘇生してって展開はどうも……。
バッファに幻体データが残ってたなんてのも御都合主義に感じるし。

現状、ガルズオルムはシンとアビスしか登場してない。
シンは瀕死の重傷を負っていたけど、
すぐにクローンが作られていた。
復元者は実質2人しかいない様子。

アビスはセレブラントが戦う動機を、
「それは我々が捨てた物」と言っていた。
生身なのに幻体にもなれるのだし、
かつてセレブラントと同じ動機を持ってたのだし、
ガルズオルムも元は人格データから「進化」した存在なのかな。

ブリッジに戻ったミサキは、
全員から疑いの目で見られていた。
シンが「イェル」を探していたのが理由だろうけど、
前にアルティールが光装甲を破壊された時、
ミサキはそれを、自分を狙ったんだと断言していた。
司令はなぜ言い切れると返答したけど、ミサキは答えなかった。
シンとミサキに確執があるのは確かだと思う。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)