ゼーガペイン第23話「沈まない月」感想

ゼーガペイン第23話「沈まない月」は、
オケアノスが月面に突入するエピソード。
副題の意味はわからなかった。

待機中のゼーガ内でリョーコが自分も人間になりたいと呟いていた。
これは単に感情機能欠損だけで生身の肉体になれないという事情ではなく、
リョーコは普通の幻体じゃないから生身になれないんじゃないかと。
実はリョーコもミサキ同様イェルのようなAIかも。

月へ飛ぶ量子ポータルを利用する段階で、
ミサキは「月へ帰る」と言っていたので、
イェルはガルズオルムが作ったんでしょうね。
司令の正体を知って幻体修復に協力してたし、
司令と共に月から地球へ逃げたんだろうと。
ルーシェンはミサキをガルズオルムと疑ってたけど、その読みは合ってはいた。
正確にはガルズオルムを裏切って地球へ来ただけ。

司令の本体がいるサーバーへ降りていく途中、
新型アンチゼーガに追いつかれていた。
この新型を遭遇直後に「マインディア」とわざわざ命名していた。
急に命名されても覚えられないような……。
戦闘中、アルティールは新型と共に消え、
敵の量子サーバーに取り込まれてしまった。

そこは学校の教室で、ナーガが友人や教師の姿を借り、
キョウと交渉する為に取り込んだらしい。
というかナーガは既に人格を維持しておらず、
量子サーバーに統合されていた。
でも前話でアビスがナーガと話していた際に、
ナーガの人格と話してたような描写だったのだけど……。
ナーガは既に光なき者を滅ぼす決断を下したのに、
なぜここに来て交渉しようとしたのか謎。
ナーガ側はキョウにガルズオルムに与するようチャンスを与えた。
キョウはそれを拒否。
そしてキョウ達は再びゼーガに乗り込んでいた。
キョウ達を強制的にサーバーに取り込める程なのに、
なぜ解放したのか謎。
ずっとサーバー内に閉じ込めれば作戦遂行できないはずだし。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)