ゼーガペイン第25話「舞浜の空は青いか」感想

ゼーガペイン第25話「舞浜の空は青いか」は、
アンチゼーガが舞浜サーバーに侵入して、舞浜を破壊するエピソード。

舞浜サーバーへ退避したクルーは、戦況を悲観してた。
オケアノスは墜ちたので、リザレクションシステムを持ち帰るのは不可能。
リザレクションシステムの設計図だけをゼーガに載せるにしても、
舞浜のデータをも積むにはゼーガのメモリでは足りなかった。
そこに猫が現れて、リザレクションシステムの設計図を提供。
しかしその図面にはセレブラムには未知の技術が使われていた。
図面のみ地球へ持ち帰っても組み立ては不可能。
解析するにしても何年もかかると。

ルーシェン達は幻体が消滅しかけていたけど、
積層型QLで強化されたアルティールが駆けつけ、
光のブレードで一刀の元にアンチゼーガを切り捨てた。
しかしルーシェンとメイウーは消滅。
と思ったらAIがルーシェン達を舞浜サーバーへ転送していた。
AIはナーガと融合し、アンチゼーガをも舞浜内へ誘導。
これはアンチゼーガが負けそうだったからみたいだけど、
ナーガがルーシェン達を助けた理由はわからない。

ゼーガは「エイリアス」という幻体としてサーバー内へ侵入できるらしい。
その上、ナーガの意思としてアルティールをも舞浜へ転送。
この理由もわからない。
積層型QLのせいで、明らかにガルズオルム側が劣勢だったのに。

生徒達はゲームでしか見た事が無いゼーガを目撃。
セレブラント達はセレブアイコンを励起させてバリアを展開。
セレブラントはサーバー内の事象をコントロールできるんだっけ?
前にリョーコが何も無い所にいきなり原付を出していたし。
でもアンチゼーガを直接排除できないらしく、
アルティールが代わりに戦っていた。

なぜかAIはイェルの正体をバラし始めた。
ミサキはAIではなく人工幻体だった。
ミサキはそれを嫌がっていたけど、
生身になれない幻体のみの存在としても別に問題ないような……。
私は幻体は生身よりも便利だなと思うので、
生身に戻りたいセレブラムの心情はよくわからない。
まあ同じ夏を延々と繰り返すのは嫌だろうけど、
セレブラントはそのループの埒外なわけで。

アルティールはアンチゼーガを倒し、
ナーガはセレブラムに干渉する手立てを失った。
その後、舞浜のデータをゼーガに格納するには、
誰かが生身になって月面のレバーを操作しないといけないので、
キョウが生身になってレバー操作することになった。
通常は作業ロボットが代行するらしいけど、
作業ロボットを全て失っていた。
これだけ高度に科学が発達してるのに、
レバー操作なんて時代錯誤な気が……。
ゼーガのメモリに舞浜を載せるのは無理と言ってたのに、
動作周波数を落とせば可能とか言い出すし。
ガルズオルムの技術で可能になったらしいけど、
どうも御都合主義的な展開だった。
どうせ御都合主義ならオケアノスを取り返したという展開でも良さそう。
キョウ1人が生身になるという結末にする為の設定だろうなとしか……。

最後はゼーガに再び乗り込むキョウが飛びすぎてしまい、
キョウの手をミサキが思わず掴もうとするけど、
ミサキは幻体なのでキョウに触れない。
この時、お互いにキョウが生身になってる事を忘れていたようで、
顔を見合って笑っていた。
ここでキョウは「全部思い出した」と言ってた。
そしてミサキを「シズノ」と呼んでいた。
生身になった際になぜか失われた記憶も取り戻したらしい。
これも正直、御都合主義的。
自爆して幻体データが破損したから記憶がなくなった設定だったはず。
消えた記憶が生身になると蘇るのが不思議。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)