ゼロから始める魔法の書第11話「魔女と魔術師」あらすじと感想

ゼロから始める魔法の書第11話「魔女と魔術師」は、13番が勝ったと思わせてゼロに下るエピソード。

これもニコ生が不調で断続的に止まって視聴しづらかった。

冒頭は前話の続きで、ゼロがなぜゼロなのか忘れたのかと13番を煽っていた。
13番としては魔女から集めた魔力で勝算があったらしい。
同じ魔法を詠唱してたけど、この魔法はゼロが生んだ魔法ではないのかと……。

一方、アルバスは「13番は罠を張ってる」と主張していたけど、
魔女達は聞く耳持たずで「あの方の意思です」と返答。
アルバスはやっぱり13番=あの方とは気付いてないね。
13番はどうやって誤魔化したんだろう……。

ゼロVS13番はいきなりゼロが倒れていたシーンに跳んでいた。
傭兵がゼロを庇ったようで、傭兵のダメージをゼロが全て引き受けていたらしい。
この身代わりの魔法は前にゼロが傭兵の体を洗った時にかけていた。
あのエピソードが伏線とは気付かなかった。

しかしゼロは別に死んでなかったw
13番が唱えていたのはやはりゼロの魔法だった。
しかしゼロの書には詠唱の台詞を間違って記述していたらしい。
だから冒頭の詠唱シーンは、
ゼロと13番で部分的に異なる事をはっきりさせるよう、交互に描いていたらしい。
それで13番の魔法は本来の力が発揮できなくなっていた。
だったらゼロの「却下」で終わったんじゃないの?
力量差を思い知らせる為の演出なんですかね。

13番は自分がゼロの願望を思い違いをしていたと認め、
ウェニアス中のゼロの魔法を却下するなら協力すると。
自分が覚えた魔法は全てゼロが生んだ魔法で、
しかも間違った呪文なのでとうてい勝てないと悟ったんですかね。

アルバスは狼が救出。
逃走中に1人の魔女が追って来たけど、
アルバス達はなぜか逃げずに追手を捕まえていた。
この追手を説得しようとしてたけど、そんな悠長な暇があるのかと……。
それで案の定、逃げ遅れて追加の追手に追われるハメになっていた。

ゼロ達は追われるアルバス達にギリギリで追いつき、
追手の魔女達の魔法を却下して救出。
これはアルバスの首輪の宝珠に隠しカメラのように視界を透視できる魔法をかけていたから居場所がわかったから。
「あの方」と契約した魔女は全てこの首輪を付けていた。
ここで13番=あの方だったとアルバス達にバラしてた。
怒った狼はソーレナを殺したと13番を殴るけど、
疫病は13番のせいじゃないとゼロが指摘。
狼はゼロにどっちの味方だと食い下がるけど、
ゼロはどちらの味方でもないと返答。
似たようなやり取りはアルバスが牢屋に入る際にもやってたねえ。

アルバスは13番を魔法で攻撃しようとし、
13番は契約の書を出して自分を攻撃すると消滅するぞと警告。
アルバスは魔法を止めるけど、13番は何と契約の書を燃やして破棄。
そしてアルバスには自分を殺す理由があると。
しかし罪の償いのために時間をくれと説得。
なぜ13番が急に会心したのか謎だった。
憑きものが取れたかのよう。
単にロリコンメンヘラ男がゼロに国を与える妄想炸裂で暴走してたってだけかなw
傭兵がゼロを抱えてアルバスの元に急行する後ろ姿を見て、
自分は全くゼロに必要とされていないと悟った感じだった。

アルバスの返答は次回に持ち越しで引きとなった。

One Response to “ゼロから始める魔法の書第11話「魔女と魔術師」あらすじと感想”

  1. ゼロから始める魔法の書 TokyoMX(6/19)#11

    第11話 魔女と魔術師 ゼロと十三番の対決同じ魔術を行使する。穴蔵でゼロの名を与えられた少女の世話役となった十三番。彼女に世界を教える毎日だった、十三番の本は良く書けている…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)