ゾンビランドサガ第10話「NO ZONBIE NO IDOL SAGA」巽はなぜかさくらを気にかけていた

ゾンビランドサガ第10話「NO ZONBIE NO IDOL SAGA」は、ゆうぎりの掘り下げ回と思ったら、さくらが主役だった。

冒頭は巽が「アルピノライブ」の話を持ち込んでた。
500人収容の会場とは言え単独ライブだった。
さくらは現地を見て記憶が戻るかもとはしゃいでた。
さくらはそれで浮かれて佐賀弁が標準語に変わってた
先走って1人だけはしゃいでいた。
屋敷には屋上はないのに「屋上で練習しよう」と言い出したけど、標準語も含めて前世の記憶かな。

たぶん、さくらだけが記憶が戻ってないんで仲間はずれ感を抱いてたのかもね。
まあ、たえもどうかはわからないけどw
たえは周りを見てダンスを練習してるし、確実に意識は戻ってる。
なので、記憶も戻っていてもおかしくない。

さくらを見てた巽は翌日、なぜか山ごもりをやれと命じた。
どうも皆の力を合わせてキャンプさせたかったらしい。

みんなゾンビなんで凍死の可能性はなし。
それどころか純子なんかノースリーブで過ごしていたw
さくらは皆が練習そっちのけでキャンプの準備をし出して不安がってた。
さくら以外はみんなで協力するって事を当然のようにやってた。

フランシュシュはゾンビなんで食糧は必要ないのかよくわからんけど、猪を狩る事になった。
落とし穴で捕獲しようとしたら、さくらが落ちてしまった。
そこに巨大な親猪が来てさくらを「マミった」w
それでさくらはとうとうぶち切れて帰った。
巽はあっさり撤収を命じた。
それは、山ごもりはさくらの為だったから。

案の定、さくらは周りとダンスが合わなくなった。
さくらは1人だけ練習を抜けてしまう。
自分がだけが山ごもりでも練習しようと訴えようとしたと怒ってた。
でも、雪山なんかじゃ練習にならないよね。

ゆうぎりが飲み屋の巽に相談しに来た。
ゆうぎりはさくらは特別扱いされていると指摘。
これはゆうぎりだけでなく、他のキャラも薄々勘づいてそう。
巽は「佐賀を救いたいだけ」と。
やっぱり、生前のさくらをはねたのは巽かもねえ。
また「さくらはどんな山脈も超えていける奴だ」と言おうとしたら、ゆうぎりはいきなりビンタ。
ゆうぎり曰く「さくらはどんな山脈も越えていける子でありんす」と。
巽は正にそれを言おうとしたのに、殴られ損だったw

さくらは練習をこっそり見て、息が合っていたのを見て悟った。
また、自分がいなくてもさくらが戻った時を想定して動きを相談していた。
そしてさくらは山ごもりでも皆が協力しあってたのを思い出した。

翌朝、さくらが屋敷の前に出るとトラックに轢かれたw
「デジャヴ」って言われてたw
この衝撃でさくらは記憶を失った。

アンケートは「とても」88.1%が「まあまあ」が8.2%、計96.3%が「良かった」だった。
ゾンビランドサガ第10話アンケート
「佐賀った」とツッコまれてたw
まあ、ゆうぎりの死因の方を期待してた人は多いと思う。
でも、この展開だとゆうぎりの死因もたえも掘り下げはなさげ。
次回がさくらの掘り下げで、最終話が単独ライブかな。

“ゾンビランドサガ第10話「NO ZONBIE NO IDOL SAGA」巽はなぜかさくらを気にかけていた” への1件のコメント

  1. ゾンビランドサガ BS11(12/06)#10

    第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA そろそろフランシュシュも1ランクアップの時期。初の単独ライブ、500人収容のアルピノで。 そこは愛には嬉しい、ライブらしいサイズの建物。さくらもア…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)