ビブリア古書堂の事件手帖第1巻 古書にまつわるアームチェア・ディテクティブ

稀覯本を扱っている古本屋の店主の女性が、
持ち込まれた古書の情報から、
その古書にまつわる出来事を推理するという、
アームチェア・ディテクティブの一種。
ビブリア古書堂の事件手帖第1巻
店主「栞子」は病院に入院中で、
バイトの男子に代わりに店を見てもらっています。
そこに古書が持ち込まれ、その鑑定の為に病院へ古書を持っていきます。
入院してるのだから店を休んでもいいのに、
なぜバイトを雇ってまで店を開いていたのかは、理由があってのこと。

栞子は病室で稀覯本にまつわる情報を聞くだけ。
そして何らかの推理を行うのだけど、
作中では何を推理したのか終盤まで伏せられたまま。

古書は四冊登場し、それぞれがバラバラな事件を起こすけど、
最終的にひとつの事件につながっていく。
栞子は暴漢に襲われて入院してるのだけど、
その犯人の正体をつきとめることになる。
栞子は恐らく、こうなることを予見していたんじゃないかと。

栞子の気弱な性格からは想像つかない腹黒さが、面白い結末になってた。
栞子は暴漢の犯人を捕まえるために、バイトの男子を利用していた。
そして真相が明らかになるとバイトの子は怒って、栞子の元から去る。
……のだけど、第2巻が発売されていて、バイトの子は再び古書堂で働いていますw

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)