KADOKAWA【最大50%OFF】Kindle秋の読書フェア10月17日まで

シュタインズゲートゼロ第23話「無限遠点のアークライト」β世界線からシュタインズゲートへ

シュタインズゲートゼロ第23話「無限遠点のアークライト」は、タイムマシンの時間遡行に成功し、アニメ本編の第23話に繋がった。

アバンはD-RINEで紅莉栖のデータを削除した直後。
アマデウス自体がなくなったのに比屋定との出会いは変わらなかったらしい。
その理由は描かれてなかった。

岡部はラジ館に入るかがりを発見。
後を追うとレスキネンと遭遇。
ピストルで脅されたけど萌郁がレスキネンを倒してた。
前も思ったけどアニメのβ世界線の萌郁はかなり頼りになるキャラだw

屋上ではかがりがタイムマシン出発を阻止してた。
この辺は原作小説とほぼ同じ。
ただ、レイエスを殺してたのはオリ要素のはず。
レイエスは「出番終わり」とツッコまれてたw

鈴羽VSかがりは、意外にかがりの方が強かった。
「人間超え」とか「マトリックス」とツッコまれてた。
まゆりはかがりを止める為に2人の間に入って自分の頭を差し出してた。
原作でもゲームでも、まゆりはここまで積極的に動いてない。
原作でもゲームでも基本は怯えてただけ。

かがりはまゆりと出会う未来がなくなるのを止めようとしてた。
まゆりは「私の彦星様」を呼び覚ますとかがりに説明。
これを聞いたかがりは「彦星」が誰なのかを察してた。
そして未来のまゆりの嘆きを思い出して、
タイムマシンを止める気がなくなったらしい。
この辺の展開もオリ要素。

鈴羽はかがりも一緒に来るように訴えたけど、
かがりは登ってくるストラトフォーの部隊を足止めするべく屋上に残った。
タイムマシン出発の際にまたヘリが来てた。
しかしロケランが当たる前にタイムマシンは消えた。
今回の岡部はその瞬間をよく見て、タイムマシンが消え去ったのを把握。
じゃあ今までもちゃんと出発できてたんですかね。
だったら、過去に飛んだまゆりの行動で世界線が変動してるはずだけど……。
このヘリはDURPAかロシアのヘリじゃないの?
紅莉栖のデータを消すとDURPAやロシアにタイムマシンの情報が伝わらないのかと思ってた。
それでヘリがやって来てミサイルを撃つ事もなくなるって理屈と思ってたのだけど。

後半は本編の第23話と同じ「交差座標のスターダスト」と繋がってた。
何となくダイジェスト感があった。
本来なら第24話相当だったのかもねえ。

未来から来たまゆりは自分の携帯に電話をかけて、1年前のまゆりを説得。
ここら辺はドラマCDと同じらしい。
一応、数年前に聞いたんだけどそうだっけ……。

紅莉栖救出に失敗後にまゆりが岡部を引っぱたいてた。
そして未来のビデオメールを見て「世界を騙せ」と命じられる。
そのビデオメールを見るシーンは、β世界線の未来のシーンで、そのビデオメールを撮影してるシーンになってた。
メイキングとかツッコまれてたw
ちゃんとかがりもいた。
ここで比屋定のセミロングかショートが見れるかと思ったけど、ぼさぼさのままだったw

その後、岡部はタイムマシンに乗った。
それは岡部が2025年に死ぬというアトラクタフィールドの収束を回避する為。
死ぬのではなく別の世界線へ旅立ったと解釈できると。
これは原作小説と同じエピローグだった。
比屋定は岡部に抱きついて別れを惜しんでたけど、これはオリ要素。
何となく肉体関係あるのかなという気はした。
タイムマシン出発を見送る比屋定の台詞は、アニメやゲーム本編の冒頭で岡部が言ってたのと同じ。
ただし「執念のエピグラフ」という〆の言葉は違う。

Cパートは何とBC18000にいた鈴羽とまゆりが描かれてたオリ要素。
そこに未来の岡部がタイムマシンで救出に来たシーンでお終い。
どうやってその時代にいるとわかったのかは不明。
ここ、もう一度見直したけど「カーブラックホールトレーサー」が2人の「ローカス」を見つけ出すと言ってた。
ただ、見つけた後どうなったのかは不明。
たぶん未来に戻ったのだろうけど、その場合は2025年に岡部が死ぬという事になる。
なので、そのアトラクタフィールドの収束を回避するには2026年に飛べばいいのかな。

原作でもゲームでも鈴羽達や岡部がどうなったのかは描かれてなかった。
なので鈴羽達も岡部もどこかに漂流して、そこでのたれ死にとも思ってた。
これでのたれ死にではないとはっきりした。
ただし、ビデオメール送信で世界線は既にシュタインズゲートに変動済みのはず。
なので鈴羽とまゆりがここへ来る事もなかった事になるはず。
辻褄がよくわからないまま終わった。
ビデオメールはタイムマシンで転移後に送信したのかな。
それでも送信時点で世界線が変動するはずで、
1年前の岡部がシュタインズゲートに到達してるはずなんだよね。
となると、2025年の岡部がBC18000に行く理由もなくなる。
辻褄を合わせるなら、シュタインズゲート世界線でも未来の鈴羽が過去に来て、まゆりとBC18000に飛ぶ歴史になる必要がある。
そしてそれを追って岡部もBC18000に飛ぶ必要がある。

あと円盤に第24話が収録されるらしいね。
じゃあその巻は買ってみるかな。

アンケートは「とても」が95.3%「まあまあ」が2.2%、計97.5%が「良かった」だった。
シュタインズゲートゼロ第23話アンケート
評価通り、やはりコメントでは盛り上がってた。
ただ5がいたのが意外だった。

“シュタインズゲートゼロ第23話「無限遠点のアークライト」β世界線からシュタインズゲートへ” への1件のコメント

  1. Steins;Gate 0【第23話 無限遠点のアークライト/交差座標のスターダスト】最終回 感想

    シュタインズ・ゲート ゼロ ☆第23話(最終回) 無限遠点のアークライト 交差座標のスターダスト  長かった…。牧瀬紅莉栖を救えなかった未来から、シュタインズ・ゲートを目指すま…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)