進撃の巨人3期第16話(53話)「パーフェクトゲーム」一流の詐欺師

進撃の巨人3期第16話(53話)「パーフェクトゲーム」は、獣の巨人に特攻を仕掛けるエピソード。

アルミンは何も思いつかなかった

アバンはコニーが「エレンの家が」というダジャレを言ってたw
カットかと思ってたな。

アルミンはハンジがいない今、指揮権を握る立場。
エルヴィンからそう任されていた。
なので打開策を求められたけど、アルミンは何も思いつかなかった。
代わりにジャンが指揮を執るよう要求したけど、
ジャンは最終的にはアルミンに頼ると釘を刺した。

ベルトルトはエレンを無視してエルヴィンがいる出口方向へ進んだ。
なので、エレンはベルトルトの足にしがみついたのだけど、
あっさり蹴飛ばされて城壁まで飛ばされ気絶した。
原作通りの比率だけど、やっぱりエレンの描写は小さすぎる気がする。
エレン自身、10メートル以上の巨人のはず。
一方、ベルトルトは100メートルは無いはず。
壁の高さは50メートルくらいで、ベルトルトはそれよりも少し高いくらいに見える。
だとすると、60~70メートルくらいだろうと。
でも、エレンははベルトルトの足首くらいの大きさだった。
この比率だとエレンはベルトルトの1/10くらいの大きさに感じる。
となると、ベルトルトの大きさは100メートルを優に超える事になってしまう。

ジャンはとにかくベルトルトに突っ込むよう命じた。
ベルトルトは熱風を噴出してフックや雷槍を吹き飛ばした。
アルミンは何も打開策を思いつかなかった。

100門の大砲に匹敵する投擲

獣の巨人は岩を砕いて投げた。
無数の破片は大砲の乱射のように町並みを破壊した。
調査兵も巻き添えで、あっさり全滅した。
比較的奥の方にいて死んだのは前線の方とは言え、
リヴァイにはまあ都合良く当たらなかったw
結果、エルヴィン、リヴァイ、新兵だけが残った。
打開策はあるのにエルヴィンは出し渋った。
それは自分の命をも捨てる策だったから。

新兵達は死を意識して動揺。
調査委兵団に入った事を後悔していた。
後悔の念を語ったのは1人だけど、他のメンバーも同感という様子で聞いてた。
冷静に考えれば自分は死ぬ側なのに、自分は違うと思ってたらしい。
なぜそう勘違いしたかって、エルヴィンの一流の詐欺師のような弁舌なんだよね。
まあ回想では別の兵士が演説してたけど、エルヴィンの演説もやってたはず。

ここら辺、進撃にしてはなかなか絶望的で面白い。
進撃は重要そうなキャラでもあっさり殺すとはいえ、
今まで主要キャラの絡むシーンで絶望的なエピソードはなかったんだよね。

リヴァイは逃亡策を実行しようとしていた。
しかし、黙ってたエルヴィンは反撃作戦があると白状した。
それはエルヴィンが先頭に立って率いないと、新兵は誰もついて来ない策だった。
それを実行すればエルヴィンは死ぬ。
エルヴィンの子どもの頃からの夢がすぐそこ(エレンの生家の地下室)にあった。
エルヴィンはその夢の真偽を確かめたかった。

リヴァイはエルヴィンに夢を諦めて死んでくれと。
新兵達を地獄に導け」と。
そして俺が獣の巨人を殺すと説得。
エルヴィンは頷いて微笑んだ。
原作だとよくわからなかった描写だけど、頷いてたんだね。
目線を下に落としてからリヴァイを見て微笑むという描き方ではある。
この辺の、リヴァイに地獄に導けと言われて、エルヴィンが吹っ切れるシーンが、個人的に好きなんだよね。

エルヴィンと新兵は馬に乗って、愚直に突撃した。
その隙にリヴァイが周囲の巨人を倒しつつ、獣の巨人を目指した。
突撃班は信号弾を目くらましにしたけど、なぜか上空に撃ってた。
進撃の巨人3期第53話信号弾を上に撃ってる
原作だと前方に撃ってんだよね。
でも、その後のシーンだとちゃんと前方に撃ってる。
進撃の巨人3期第53話信号弾を前に撃ってる

作戦内容は回想として描かれてたけど、女の兵士が吐いてたのも原作どおり。
オリ要素かと思って確認したら、ちゃんと2コマ使って描かれてた。

最後は戦闘を走ってたエルヴィンの脇腹に岩が当たり、脇腹を抉ってた。
原作だと抉られて穴が空いてたけど、
アニメだと当たった部分の肉が破砕して煙のようになってるという誤魔化し方だった。
これなら露骨な黒塗りよりも規制感は無いですね。

ここまで原作第20巻中間まで。

“進撃の巨人3期第16話(53話)「パーフェクトゲーム」一流の詐欺師” への1件のコメント

  1. 進撃の巨人 Season3 NHK総合(5/19)#53

    第53話 完全試合 ベルトルトはシガンシナ区を火の海にしようと町を破壊しながら壁に向かう。彼の行動を阻止したいがアルミンには相手が浮かばない。ジャンに指揮を任せる。ジャン…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)