それが声優!第12話「ライブ」感想

今回の本人役ゲストは堀江結衣で2回目の登場。
歌詞を覚えるのに何度も紙に書くってネタは実話でしょうね。
あの文字の汚さは却って、本人の筆跡っぽい印象。

イチゴが足の捻挫を隠そうとしていたのがちょっと謎。
物語に起伏をつける為だろうけど、常識的に考えてさっさと病院行けばいいのにと思ってしまうので……。
病院で痛み止めを処方してもらってもいいし。
薬なり何なり治療してもらった方が治りも早いだろうし。
プロデューサーがイチゴの怪我を聞いて、異常に慌てふためいていたのはゲラゲラ笑ったけどw
わめくPを無視して、双葉は代案を説明してイチゴを説得し続けていたってのがまたw
ここで紺野さんがレッグウォーマーみたいなのを見つけて、
イチゴの足をカバーする案を出してのは良かったかと。
こうやって紺野さんの出番を作る為の捻挫だったのかなと思えるのでw

Pが来たとき、リアルイヤホンズの衣装と同じ衣装が登場して、
そのコストが50万と言ってたけど、そんなかかるもんなですねえ。
基本あるあるネタを織り込んでるようなので、実話でしょうね。

ライブはイチゴのダンスを変更して、足の負担とならないよう配慮って落とし所で無事成功。
ライブにイヤホンズ登場した際に、客がちょっと無反応だったのは何なのかw
やっぱりこの無反応ってのもあるあるネタなんですかね。
その割には、初ライブで客のコールが完璧だったのが謎w

今回はED無しでライブのアンコールにスタッフクレジットを被せて、
何か最終回って感じの終わり方だったけど、次回もあるのでどう終わらせるのか興味津々。

おまけのドキュメンタリはEDの収録の様子で、
毎回こういう活動を垣間見る感じのを期待してたんですよねえ。
直近3回は期待はずれだったので……ネタ切れかなと思ってたけど、こういうのあるんじゃんとw
双葉役の高橋李依が台本読んでたけど、何か妙に涙腺脆いようでちょっと笑いましたw
今回は結構長めで、見ごたえがあったかと。
EDのコメントは台本見てたけど、ディレクターもゲラゲラ笑っていたので、アドリブみたいですね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)