アニメ テラフォーマーズ第5話「EXCEPTIONAL TWO 奇跡の子」の感想

テラフォーマーズ第5話は、シーラの回想から。
既に死んだキャラの回想を丁寧に描く意味は何なんだろうと……。
原作がそうなんだろうけど、カットしてもいいような……。
ただシーラと再会して
「ちょっと心臓の音を」と言いつつ胸を触ったらしい音声が出てたけど、
肝心なシーンはまったく描写がありませんでしたw
まあDVD/BDでってことかもしれません。
本編はゴキブリ達を次々に惨殺するシーンの連続で、
ゴキブリの顔が潰れたりするシーンは規制なし。
あとゴキブリが破裂して死んだり。
前もそうだったしゴキブリはOKなんですかね。
「奇跡の子」とはミシェルの強化手術の話らしいです。
バグズ手術済みの父親の能力が「遺伝」したそうで。
通常ならありえないことから「奇跡」と。
後半は膝丸の「首がもげた人形」にまつわる回想で、正直また回想かと。
回想はよくても長いし。
ゴキブリとの戦いが圧勝で単調なので、変化を付けるため?
ゴキブリを捕獲したあと、
火星の湖で体を洗うミシェルがその水に引きこまれるシーンで終わり。
回想→ゴキブリ戦→回想→ゴキブリ捕獲→引きこまれで、
物語的にはあまり進んでませんね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)