彼方のアストラ第2話「WILDERNESS」キャプテン就任

彼方のアストラ第2話「WILDERNESS」は、惑星ヴィラヴァースの前半。実質的にはカナタ回ですね。

食糧採取

OPは無くて、惑星ヴィラヴァースに到着した直後から。
原作だと既に惑星の大気圏内に入ってた。
アニメだと惑星の重力圏外と思わしき距離から、惑星の外観を見ていた。

原作はある程度飛んで着陸地点を探してたけど、アニメではカット。

ヴィラヴァースに降りてすぐに翼竜と遭遇。
アリエスが翼竜を「ドラポン」と名付けてた。
その叫び声にビビってアリエスがカナタに抱きついてた。
原作だとまだ、そこまでの距離感じゃないので抱きついてない。

恐怖心を鎮めたいのか、アリエスはユンファに大声を出して脅かした。
しかしヘルメット通信でつながってたので、全員がビビってたw

食糧採取はカナタ、アリエス、キトリー、ルカ、シャルスが向かった。
ザックとフニシアは宇宙船で留守番。
ウルガーとユンファは取水。

原作のユンファはウルガーと2人きりで気まずくなって、カナタ達と合流してる。
アニメではずっと2人だったらしい。

食糧採取中に、キトリーが色んな生物にビビってたけど
シャルスはすぐに飼い慣らして自らほおずりしていたw
ムツゴロウってツッコまれてた。

それからトランポリンの木に登って休んでた。
キトリーは食糧採取を続けようとしたけど、
パラシュートの実を触ってしまい、樹上から降ってきた。
原作だと、メルヘンチックな登場の仕方とカナタがツッコむけど、アニメでは何も言ってない。

一方、フニシアがザックが何かしてるのを発見。
ザックはパネルのフタを閉めて、曖昧に返事した。
ここだけだと、ザックが怪しいとツッコまれてた。
原作だと、通信器の事をある程度は説明してる。
ただ、ラストの説明と被るのでカットしたんでしょうね。

光の球と映像記憶力

食糧採取の帰りに、また光の球に襲われてた。
森から抜ける道を覚えている者はいなかった。
……と思いきや、映像記憶力があるアリエスが景色を完璧に覚えていた
そして森を抜けると、光の球は消えた。

宇宙船に戻ると、ルカが「恐ろしい事に巻き込まれている」と言い出して、暗い空気になった。
……すると、カナタが急に未知の果物を食べ始めた。
沈黙に耐えられなかったから。
果物の外見は原作よりも怪しげで、ドロっと腐って溶けてる感が強かった。
原作だとここでザックが可食判定機を見せて、
「先に言えよ」「食っちゃったよ」と場の雰囲気を和ませる。
そのギャップにアリエスが「アッアッア」っていう変な笑い方をする。
アニメだと、このタイミングでは変な笑い方はしてない。

原作だと和んだ雰囲気のまま自己紹介が始まるけど、
アニメだと既に第1話で初めて廃船に集まった時にやってた。

ドラポン狩り

キトリーがカナタをキャプテンに相応しくないと挑発して、
カナタはドラポン狩りに飛び出してしまう。
原作だともっと挑発してるw

フニシアがキトリーを落ち着かせようとして話しかけるけど、
逆にキトリーは切れて「妹じゃないくせに」と口走ってしまう。
いたたまれなくなったキトリーもまた、宇宙船を飛び出した。

キトリーを探す道中、幼馴染みのザックはキトリーの生い立ちを話した。
父はおらず、母は仕事でキトリーを構わなかった。
そこに突然フニシアという妹ができて、どう接すればいいかわからないと。

フニシアはいつの間にかトランポリンの木に登ってた。
すると、トランポリンの木が光合成の為に急に伸びた。
幼女に反応したロリコンの木ってツッコまれて吹いたw
原作だと真っ昼間くらいだと思うけど、アニメだと夕方になってた。
光合成の為に伸びる設定なんで、真昼に伸びる方が相応しい気はする。
原作だと2日間の出来事をアニメだと1日に詰めてたので、こうなったんだろうね。

樹上に取り残されたフニシアがドラポンに狙われていてた。
カナタは近くの崖から走り幅跳びの要領で、樹上に飛び移った。
しかし、ドラポンはフニシアを捕らえて飛び立った。
カナタはルカジャベリンを投擲してドラポンを撃ち落とした。

カナタに声援をかけるシーンは、外人四コマとも言われてた。
都合良すぎとツッコまれてた。
原作だと飛び立つ直後に撃ち落としたけど、
アニメだと結構な高度に見えたのが原因かな。
あと槍投げは正確に当てる競技じゃないだとともツッコまれてた。

カナタはフニシアがいる樹上にジャンプ。
……と思いきや、疲労のせいでバランスを崩して落ちた。
そこにキトリーがパラシュートの実を飛ばして、カナタを助けた。
これも都合良すぎとツッコまれてた。
カナタとフニシアは一緒にパラシュートの実を掴んで地上へ降りた。

キトリーはフニシアに泣いて謝った。
フニシアはキトリーのカチューシャとおそろいの花が欲しかったらしい。
そしてカナタをどうやらキャプテンと認め、お礼を言った。
原作のザックはキトリーがお礼を言って驚いてたけど、アニメだとカット。
命がけでフニシアを助けた上に、言ってた通りドラポン狩りにもなったものね。
みんなもキャプテンと認めた。
ところがカナタは急に辞退し、シャルスにキャプテンの座を譲った。
……と思いきや、シャルスはカナタの決断力を褒め、自分は右腕として働くと譲った。
これでカナタはキャプテンになった。

その夜、ドラポンの肉を食ってた

更に、集めた果物を可食判定機で見分けてた。
EDもなくてスタッフロールと被せてた。
アニメだとここでアリエスが変な笑い方をしたけど、この改変だと理由がよくわからない気がする。
原作の方は「恐ろしい事に巻き込まれている」って重い空気との落差で、急に緊張が解けて変な笑い方になったって印象。
原作だと、アリエスの笑い声で和んで、改めて自己紹介って展開なんだよね。

Cパート相当部分で、ザックがカナタに通信器のパーツが壊されていたと相談。
切断面は新しいので、犯人はこの船の中の誰か……。

アンケートは「とても」が75.5%「まあまあ」が13.7%、計89.2%が「良かった」だった。
彼方のアストラ第2話アンケート

“彼方のアストラ第2話「WILDERNESS」キャプテン就任” への1件のコメント

  1. 彼方のアストラ BS11(7/10)#02

    第2話 WILDERNESS 惑星ヴィルヴァースに到着、少し気分は浮かれていた。空には大型の翼竜が飛び交っていた。3班に別れよう、キトリーは危険な作業は拒否。独特の草花が生い茂る森。20…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)