ドリフターズ第9話「本気ボンバー」感想

ドリフターズ第9話「本気ボンバー」は、
ドワーフ解放の戦いというか一方的な虐殺だった。
副題はBerryz工房の歌だけど、歌詞見ても関係なさげ。
タイトルの字面で選んでるのですかねえ。

冒頭はサンジェルミ側のシーン。
馬車のようなものでエルフ族の土地へ向かってただけ。
まだエルフの土地に出発してなかったの?というのが正直なところw
エルフの次はドワーフを狙うと予想していた。
ドワーフの国はオルテの武装の要らしく、
ここが落ちるとオルテは武力を保てないと。

ドワーフ解放戦は、まず信長が作った火薬で爆弾を作り、砦に投げ込んで陽動。
また爆裂矢をも打ち込んでた。
この世界の人は爆弾を見た事が無いらしい。
なので当初は「落盤か」と勘違いしていた。
更に内部に出火して敵兵の士気を挫いていた。
これに乗じて島津はエルフ達に鬨の声を出させ、
敵兵の「恐れ」を煽っていた。
そして個々の兵が持ち場を離れて逃げるところを闇討ちして各個撃破。

しかし重装兵が門から出て島津とエルフ達に対峙。
島津は「弓無し馬無し」と不適に笑ってた。
そしてエルフ達を退却させ自分だけがその場に残った。
何をする気かと思ったら、オルミーヌの石壁の符術で兵を閉じ込め、
その中に爆弾を投げ込んで爆殺という作戦だった。
予め敵の情報を掴んでいてオルミーヌと打ち合わせてたんでしょうね。
そうじゃなくアドリブだとすると、連携が上手すぎる。

オルテ側は城門を閉じて篭城作戦をとったけど、
信長はオルミーヌに作戦を伝達。
それは城壁に与一の弓で正確に石壁符術を打ち込み、
即席の階段にするというもの。
これはハンニバルの身振り手振りを見て思いついたのだけど、
ハンニバルは自分でも特に意味も無くその動作をしてただけっぽいw
エルフ達は信長の策を凄いと褒めるけど、
信長はオルミーヌとの通信に使った玉こそ凄いだろと。
遠隔地の兵を玉の通信で連携させることを安倍晴明達は思いつきもしなかった。
信長はドリフの存在意義はその思考だと考えていた。
自分を「思考の差異者」と評していた。
それを新聞を通して見ていた紫は「世界をかき回せ」と。

島津はドワーフを収容所から解放し、まずはまま(飯)と主張。
敵地のど真ん中でドワーフ達に調理した物資を与えていた。
信長はそんな島津を「あいつやっぱりバカなんだ……」と放心w
ただ「粥にしろ」とだけ命じていた。
長らく食ってないのに急に食べると、
消化の為に余計に体力を消耗して、衰弱死するんだよね。

内部には少数の兵士かいないし、
島津は戦い慣れてるし、
目の前で飯食ってる余裕っぷりといい、
オルテ兵は降伏を決意。
しかし島津は大将は腹を裂いて死ねとw
大将は逃げようとするものの、島津は背後から斬首。
他の雑兵はその隙に逃げたけど、島津は追うなと。
与一は昔、義経に命じられたように雑兵を追おうとしていたけど、
島津の命に従い、背後からの射撃は中止。
ここで島津が「こいはわいらの戦じゃ」と訴え、
与一は一目惚れしたヒロインみたいな明るい表情になってたw

最後は黒王側に青銅竜がやって来るシーン。
この世界には6種の竜がいて、これはその1つ。
黒王は本気で亜人達の救世主になるつもりらしい。
そしてオークに農業を教えていたw
黒王側を見るに、どうも黒王の方がまともに見えるので、
個人的に黒王の方を応援したくなるなあw

“ドリフターズ第9話「本気ボンバー」感想” への2件のフィードバック

  1. ドリフターズ(DRIFTERS) 第9話 『本気ボンバー』 火薬が出来たぞ、どんどん放り込め!!

    ドワーフの村へ行こう。豊久は気楽に言ってたけど、ドワーフの村=オルテ最大の兵器廠。当然警備は厳重、こりゃ落とすの大変そう。そのガドルカ大兵工廠がどんな様子かというと、…

  2. DRIFTERS TokyoMX(12/02)#09

    第九幕 本気ボンバー サン・ジェルミはドリフターズたちがエルフを開放した後は ドアーフの開放を狙うと予測する。あそこは国家の兵器廠、守りは固いはず。あそこが落とされれば…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)