響けユーフォニアム2第4話「めざめるオーボエ」感想

響けユーフォニアム2第4話「めざめるオーボエ」は、
鎧塚と希美が和解するエピソード。
正直、あまり面白くない……。
コメントでは好評だったけどねえ……。

冒頭は強豪校の次に演奏すると決まって動揺してたシーン。
第4話の大会関係はこれで終わり。

あと久美子の練習シーンで上達したとコメントがあったけど、
どの辺が上手くなったのか私の耳ではわからんw

鎧塚は希美が吹奏楽部を辞めた際に何も相談されなかったらしい。
希美が辞めたあと、部活に来ないので他の友人に聞いて初めて知ったと。
でも希美の他の友人は皆辞めた事を知ってた。
鎧塚だけ事後に知ったのでショックを受けていた。
それで吐き気がするのはどういう精神状態なんだろうか……。

鎧塚はそれまでは活発な演奏をしていたらしい。
でも希美が辞めた後は上手いだけの演奏になってたと。

希美は鎧塚が自分を嫌っていると知って鎧塚と直接話すのだけど、
希美が鎧塚に言わなかったのは鎧塚を巻き込まない為だった。
鎧塚は希美に依存してるので、辞めると相談してたら鎧塚も辞めてたと思う。

それで鎧塚の勘違いだったとわかって2人は和解。

そんなしょうもない理由で3話も引っ張ったのかと……。
せめて2話くらいで終わってくれよwと。
ありがちなすれ違いエピソードではあるけど、
3話分のオチとしては面白くないわけ……。
それに吐き気がする程のトラブルだと思ってたので、肩透かしだった。
もっと重い話かと思ってた。

周りは鎧塚が希美を嫌ってる事情を知らずに庇ってたんでしょうね。
そうじゃないなら、この程度の話で鎧塚を庇おうとするかなと……。
周りも、何か重い事情がありそうと気を回してただけな気がする。

実際、鎧塚を庇ってたアスカは事後に鎧塚をズルいと評していた。
それを聞いて久美子は声を震わせてアスカに「穿ちすぎ」と答えてたけど、実は怒ってたらしい。
久美子はあまり怒りの感情を表に出さないタイプなんだねえ。
でも私はアスカに同意なんだよね。

リボンの子は鎧塚と7年も付き合いがあるのに、
鎧塚から何も具体的な事情は相談されなかったわけで……。
それを気にしてリボンの子は半泣きになってた。
ポニテの子は慰めるような事を言ってたので、
むしろポニテの子の方がリボンの子の親友ポジに見える。

最後は久美子がアスカについて意味深なモノローグを語ってた。
次はアスカが物語を牽引するんだろうけど、
アスカも何か精神的問題を抱えてそうではあるけど、
鎧塚のエピソードを見るに、案外軽い話なんだろうと。

One Response to “響けユーフォニアム2第4話「めざめるオーボエ」感想”

  1. 響け!ユーフォニアム2 第4話 『めざめるオーボエ』 遂にみぞれと希美が鉢合わせ、さてどうなる?

    新山先生がゴメンナサイ。鎧塚みぞれの演奏が物足りないとは思っていたが、高校生ならこんなもんとスルーしていたそうで。一番を目指すなら「これでいいや」ってのはありませんね…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)