FateExtra LastEncore第3話「黄金鹿と嵐の夜」シンジの消滅

FateExtra LastEncore第3話「黄金鹿と嵐之夜」は、
アバンは前話の続きで、白野が警備兵を殲滅したらしい直後。
警備兵の死体などは描かれてなかった。
後半のシンジ消滅シーンのように消えたんでしょうね。
世界観がよくわからないけど、ゼーガペイン的な電子(データ上)の存在だろうと思うので。

前も書いたけどOPは熱血ヒーローっぽい曲想。
影山ヒロノブが歌ってもおかしくない感じ。
実際は西川貴教だけど。

OP明けで、凜がエアバイクに乗って高層ビルの外に来てた。
そして電子防壁を破って白野達はバイクで逃走。
後でわかるけど、凜としては白野(かセイバー)を利用したかったらしい。

白野はその後、意識を失ったらしく、ベッドで目覚めてた。
体にはあちこちに刺傷の傷跡を治した湿布みたいなやつが貼ってあった。
致命傷は避けてたみたいですね。

凜は「サーヴァントを失った元マスター」「自分はレジスタンス」と主張。
この都市に反抗しているらしい。
聖杯戦争をやりたい白野達はレジスタンスと同じとも。
凜はここを「臆病者の街」と呼んでた。
確かに右手の甲に令呪が一画残っていた。
FateExtra LastEncore第3話凜の令呪
令呪が回収されてないってことは、聖杯戦争は終わってない証拠。

ポッドからドリンクを取りだしてたけど、
Extraって元はゲームらしいので、
ゲームの回復ポーション的なアイテムなんでしょうね。

チャクラバルティ(空を覆う天秤)が出来てから聖杯戦争は変質。
チャクラバルティはムーンセルを破壊しようとしているとも。
第1回戦で勝ったマスターが上の階層に行けなかった。
そのマスターを「フロアマスター」と認定。
フロアマスターが第1階層を都合良く作り替えた。
これがシンジだった。

白野はシンジとの戦いを同意。
凜とセイバーと共にシンジの本拠地へ乗り込むのが後半のエピソード。
白野としては別にシンジ自体はどうでも良さげで
「俺は聖杯戦争を戦いたい」と。

凜は護衛を引きつけて白野達を先に行かせた。
凜自身は全身が真っ赤に光ってたけど、意味はわからない。

白野は学校の校舎に辿り着いた。
その屋上でシンジは待ってた。
シンジは「クズどもの為に楽園を作った」と主張。
白野はシンジを「ゲームチャンプ」と呼んでた。
ここでシンジがフロアマスターになった回想。
シンジは友達を殺した事を悔いていた。
なぜか上の階層には行けなかった。
赤毛の女がシンジに「お前はフロアマスターになった」と宣言。
この赤毛は第2話でバーにいた女だった。
あいつはマスターではなくサーヴァントだった。
サーヴァントかマスターか区別つかない設定なんですかね。
Staynightとかだったらサーヴァント同士はお互いにサーヴァントだとわかったはず。
それともバーで会った時点でセイバーはサーヴァントだと察してた?

凜は護衛を殲滅していた。
光ってた体は元に戻ってた。
そこに津波が来て暗転。
凜がどうなったかは第3話では不明。
死を覚悟して身を挺して白野を助けた感がある。
なので死んでるんじゃないかなと。
でも生死不明的な描き方は、生きてるフラグなんだよね。

そしてセイバーVSライダー戦。
ライダーは海賊船の船長っぽい様子だった。
配役を見て真名は「フランシス・ドレイク」と判明。
また女体化かよw
セイバーはライダーのガレオン船から真名を把握。
「皇帝特権」で海底の難破船を魔力で動かそうとして溺死しかけた。
そこに白野が潜水して、何とセイバーに口づけで魔力供給。
何か御都合主義的だけど、マスターは魔力パスがサーヴァントと通じてるんだっけ。
だったらサーヴァントの魔力消耗くらいわかるか。

セイバーは難破船でライダーのガレオン船に特攻。
この特攻の意味はわからない。
結局はセイバーは剣戟で突進。
ライダーは両手の銃がどちらも不発。
そしてなぜか弾込めを諦めてそのまま切られてた。
再装填の余裕はあったように感じた。

瀕死のライダーはシンジに契約を切るよう忠告。
しかしシンジは契約解除を拒否。
シンジは「人間の無価値さを否定したかった」と言ってた。
この辺のシンジはやはりパラレルワールドのシンジって感じで、割と善良に見えた。
契約を切らない為、ライダーの消滅に合わせてシンジも消えた。
白野はシンジの主張は認めないと否定。
しかし「これ以上、お前を憎まない」と返答。
今まで「憎い」言ってたのはシンジのこと?
もっと何か根源的な物を憎んでたように見えたんだよね。

“FateExtra LastEncore第3話「黄金鹿と嵐の夜」シンジの消滅” への2件のフィードバック

  1. Fate/EXTRA Last Encore BS11(2/10)#03

    第3話 黄金鹿と嵐の夜 3体のバーサーカーと闘うセイバーは強い。しかし何者かのクラッキングでシンジの様子がおかしくなる。奏者のハクノは無事、咄嗟に彼を助け外に向かう。遠…

  2. Fate/EXTRA Last Encore【第3話 黄金鹿と嵐の夜】感想

    ☆第3話 黄金鹿と嵐の夜 ゴールデン・ワイルドハント  第1階層の“市長”シンジの提案を断ったことで、セイバーとハクノは襲われる。いきなり豹変したハクノがシンジの部下たちを…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)