FGO第7特異点絶対魔獣戦線バビロニア

9月中旬に第6特異点をクリアして、
やっと第7特異点を遊べるようになった。

冬アニメのFGOを見て、原作内容を知りたくなった。
それから10ヶ月くらいで、アニメ化されたエピソードまで追いついた。
時間がかかったのは少しずつやったのと、
時限イベントを遊んでたせいだけど。
(Apocryphaコラボ、本能寺、ラスベガス
レクイエムコラボ、オールザステイツメン、サマーキャンプ)

第1節 神代にて

マシュはDr.ロマンが寿命を告げる夢を見てた。
聖杯でも寿命を延ばすのは不可能。
聖杯は人間ができることを時間短縮してるだけ。
マシュに虚しいと思わないか聞いてた。
更に生命全てが無駄と言い始めた。
マシュ視点だと、Dr.ロマンは優しい口調で話してたらしい。
マシュはこのDr.ロマンは偽物だと気付いた。
本物のDr.ロマンはあらゆる努力を否定しない
偽Dr.ロマンは魔術王の顔になり、
狂気笑いをして、マシュは目覚めた。

第7特異点へのレイシフト準備が終わってた。
紀元前2600年前のメソポタミアだった。
この時代は神と人間が袂を分かった時代らしい。
ダヴィンチは藤丸にマフラーを贈った
魔力が濃い世界なので必要らしい。
でもロンドンの霧の魔力は平気だったよね。
マシュは生命に意味はあるのかDr.ロマンに聞いてた。
その返答は、生きたことに意味を見出す為に生きる……だった。
夢のDr.ロマンとの違いを確認したかった?

サポートはフレンドのセミラミスにした。

レイシフト後、古代の三女神同盟が描かれてた。
ティアマトらしき女神がカザル市住民を殺してた。
イシュタルとケツァコアトルは、殺し方が雑と批判してた。
立ち絵も出ず、名前も「???」だけど、
ケツァさん「マース」「デース」という語尾なんですぐにわかったw
エシュヌンナ、シッパル、キシュ、カザルの北部を呑み込んだらしい。
ニップルは時間の問題。
北壁はあと一月程度。
この時代の王を殺し、聖杯を手に入れた女神が世界の支配者となる
と語るもう1人の女神がいたけど、エレシュキガル?
少年が現れて「母」に単独で会合しないよう進言してた。
なぜなら他の二柱は母を殺せるから。
魔術王は聖杯をウルク王に送り、その上で三女神に聖杯争奪を唆したらしい。

藤丸達は上空200メートルに出現してた。
マシュが盾を使って着地してた。
アニメはこの辺から描かれてたっけ。
レイシフト座標はウルクの都市内部だった。
ウルク市は防御結界でレイシフトを弾いた。
藤丸達は廃墟にいた。
アニメだと荒野だったはず。
作画の労を減らす変更でしょうね。
そこで魔獣に襲われた。
いきなり戦闘になるのはアニメと同じ。

ウリディンム(馬)3体
ウリディンム(馬)3体

次のサポートはNPCの???にした。
アニメと同じならイシュタルと思ったら、やはりイシュタルだった。

バトル後、戦った魔獣が異質だとマシュは感じてた。
カルデアの資料にも載ってないらしい。
ティアマトが生んでるんだよね。

上空から天舟に乗った女が藤丸に激突してた。
女は自分の体に触った不敬で藤丸を処すつもりだった。
とは言え、藤丸達が女の素性を知らないので、不敬の件は保留となった。
女は何か大事な物を見なかったか聞いてた。
見ればわかるらしい。
(天牛グガランナを落とした)
何を落としたか言ってしまうと、自分のドジがバレると、自らバラしていたw
そんなもの見てないし、藤丸達は何を言ってるのか理解できてなかった。
そこに魔獣が現れた。

ウリディンム(馬)2体
ウリディンム(馬)3体
ウシュムガル(殺)

HPは18万程度だったけど35ターンもかかった……。
宝具が3ターン毎で、回避1ターン付与なので削るのが遅くなった。
ボスはアサシンなので有利クラスのキャスターにした方が良かった。
ライダーに有利なアサシンを入れてしまった。

次のサポートはフレンドのカーマにした。
てかNPCはいなかった。

この廃墟は魔獣の巣で60を超えて藤丸の周囲を取り囲んでた。
Dr.ロマンはミス・アンノウンの天舟に乗せて貰うよう指示した。
しかし天舟女は乗船を拒否して消えた。
この程度の敵に勝てないなら人理修復なんて夢だと言い残してた。
取りあえず東側が手薄なので、東から包囲網を突破することになった。

ウリディンム(馬)9体

藤丸達に緑髪の男が接近してた。
カルデアのマスターとデミサーヴァントと知ってた。
100体程度、まとめて倒せばいいと豪語してた。

次のサポートはNPC???にした。

男はエルキドゥを名乗った。
Dr.ロマンは「信用できる」と食いついてた
そう名乗っただけなのにw
まあアニメで正体を知ってるから
Dr.ロマンの食いつきっぷりに笑ってしまう。
マシュはサーヴァントでも人でもない、
魂のある機械のような人間と評した。
エルキドゥは神に作られた異質さと言い訳してた。
とまれ、エルキドゥは共闘することになった。

ウリディンム(馬)3体
バシュム(馬)

バトル後、Dr.ロマンはエルキドゥをベタ褒めしてた。
エルキドゥは自分が善に見えるなら、
それは自分を使う者が秩序を良しとする者だからと答えた。
自分を兵器と自称するのでマシュは心があるように見えると尋ねた。
かつてエルキドゥに心を与えた女性がいた。
それが娼婦にして聖女シャムハトだった。
エルキドゥはカルデアの目的を把握済みで、
ウルクの巫女がそう予言してたらしい。
ここへ来たのも予言があったから。
ということは、この時代はまだ崩壊してない。
エルキドゥは魔術王と戦い続けていると主張した。
藤丸はエルキドゥと握手しようとした。
意味がわからなかったエルキドゥは、手を握ればいいと気付いた。
それをフォウが曰くありげな様子で「……」と無言になってた。
召喚陣設置にはエルキドゥの案内で迂回することになった。

第2節 人類最古の城塞都市

次のサポートもNPCエルキドゥにした。

ムシュフシュ(槍)3体
ムシュフシュ(槍)3体
ストーンゴーレム(殺)&翅刃虫(馬)&ムシュフシュ(槍)

バトル後、エルキドゥは南のウルクとは反対の北へ向かった
南は別の女神の勢力圏なので……と言いかけて三女神同盟を説明してた。
12の城塞都市は8割が壊滅。
しかし、それは聖杯の力ではないらしい。
人類を滅ぼそうとしてるのは女神
マシュは女神なら人間の味方ではないのかと訴えた。
メソポタミアの神は人間を自分達の仕事を代わりにさせる為に作った。
神にとって人間は庇護対象で、愛する対象ではない
……とエルキドゥは持論を語り始めた。
人間を愛する神はエラーを起こしている。
イシュタルは人を愛し、戦争も愛する。
そんな矛盾はただのエラーだと。
多くの権能を持つが故に統一性がない。
役割の多い神はミスを犯す。
ここで話を戻して、三女神の1人がギリシアから来た魔獣の女神だと語った。
その魔獣が北壁を襲撃している様子が高台から一望できた。
これを見せたかったらしい。
魔獣は小型戦車くらいの戦闘力があった。
壁くらいで防げるはずがない。
防いでいるのは屈強の兵士達で、死者も少ないらしい。
マシュ曰く、明らかに負けてるのに全体では勝ってるらしい。
エルキドゥの見立てでは1ヶ月は保つ。
それを、無駄な血を流すと評してた。
全てを滅ぼす必要は無い。
後はほっといても死に絶える。
……と言いつつ、魔獣と言えど生命、感傷的になったと取り繕ってた。
兵士側が死に絶えるってのが真意なんだよね。
Dr.ロマンは軍を指揮してる王と謁見して、
聖杯探しを説明し、ウルクに関わるのはその後と指示した。

次のサポートはフレンドのアルトリアにした。
NPC???は有利クラスじゃないので……。

エルキドゥは森に案内してた。
ウルクから更に離れていた。
エルキドゥ曰く、北の波止場から川下りするらしい。
ここで白いローブの男とピンク髪の少女アナが現れた。
数日森を彷徨っていたらしい。
ここが魔獣の女神のお膝元だと言ってた。
そしてエルキドゥの名を聞いて驚いてた。
なぜなら、今はギルガメッシュが霊薬探索から戻った後の時代だから。
ギルガメッシュはエルキドゥの死後に霊薬探索を行った。
つまり今いるエルキドゥは偽物。
エルキドゥは藤丸達を女神に捧げるつもりだった。
しかしマシュではエルキドゥには勝てない。
その力の差を見せつける為に魔獣と共闘したらしい。
……ので白いローブの男はアナに戦うよう命じた。

ムシュフシュ(槍)3体
エルキドゥ(槍)

エルキドゥはHP67万もある……。
しかし6ターン経過で自動終了した。

次のサポートはフレンドのセミラミスにした。
同様に???が有利クラスじゃないから。

アナはエルキドゥをどこかに飛ばしてた
エルキドゥは途中から夢を見てた。
白ローブ男はエルキドゥを魔術王の配下と語った。
ただし、今のエルキドゥはギルガメッシュと会う前の残忍な兵器に戻ってた。
アニメラストでギルガメッシュがエルキドゥを改心させるのは、
エルキドゥに心を与えるのをもう一度やり直したんですね。
フォウはなぜか白ローブ男に突進してた。
白ローブ男はキャスパリーグを引き取るんじゃなかったと怒ってた。
アナが戻ると、白ローブ男はマーリンを名乗った。
Dr.ロマンは異様に驚いてた。
マーリンは世界の終わりまで死ねないグランドの魔術師らしい。
この男がマーリン本人ならサーヴァントになれるはずがない
なぜなら生きてる者は英霊になれないから。
ダヴィンチ曰く、マーリンは今までにカルデアに魔力供給してたらしい。
そしてアヴァロンにいるはずなのに、サーヴァントになってる理由を問い詰めた。
それはこの特異点に縁があったのと、、
自分が生まれる前の時代は死んでいる扱いになるらしい。
また召喚者の能力も高かった。
アナは特異点に呼ばれた野良サーヴァント。
森を彷徨って意気投合したらしい。
しかしアナは騙されたと怒ってた。
この世の全ての不誠実が形になった魔術師……らしい。
マーリンは人理修復に協力する演説をぶった。
ダヴィンチすらイラッと来てた。
そこにワイバーンが現れた。

ワイバーン(馬)3体
ワイバーンドレッド(馬)2体&ワイバーンエビル(馬)
バシュム(馬)

マーリン曰く、ウルク北は魔獣の国となり、南は密林になってた。
魔獣に追われても逃げるのはウルクしかない。
……と聞いてアナは何か言いたげに無言だった。
シュメル王朝が滅びると、その後の人類史は成立しえない。
なので聖杯を回収し、三女神同盟を打破する必要がある。
マーリンは王の依頼で天命の粘土板を探してた。
ギルガメッシュは幼年期は賢者、青年期は暴君となった王。
自分に賛同しても死、、反対しても死という理不尽な王だった。
しかし神が送ったエルキドゥと戦って引き分けとなり、唯一の友となった。
これで圧制は少しだけ緩和したらしい。
その後、レバノン杉を持ち帰った功績で女神イシュタルに目を付けられた。
イシュタルは王に言い寄った。
しかし王は拒絶した。
イシュタルの夫ドゥムジがどれだけ冷や飯を食ってるか知ってたらしい。
イシュタルは父アヌ神に泣きついた。
アヌ神は天牛グガランナを与えてイシュタルはウルクを滅ぼそうとした。
天牛は王とエルキドゥの共闘で撃退された。
神獣を殺した罰としてエルキドゥは死んだ。
王は不老不死の霊薬を探す旅に出た。
その結果手に入れた若返りの草を蛇に食べられた。
ウルクに帰還すると王の不在で荒れ果てていた。
王はウルク復興を行い、王の責務を終えた。
……と語り終えると魔獣が襲ってきた。

ムシュフシュ(槍)3体
翅刃虫(馬)3体
キメラ(狂)

ウルクに着くと門兵に西市場ヌトゥラの店へ行くよう指示されてた。
ギルスからの避難民を装って、シドゥリの印を見せてた。
アナが呼び止められて砂糖菓子を貰ってた
この辺、忠実にアニメ化されてた。

西市場は酒や両替、肉料理、粘土運搬、兵学舎への勧誘で賑わってた。
うなだれている住人はいなかった。
合理的な都市整備もされていた。
Dr.ロマンは戦闘都市と評した。

第3節 ギルガメッシュの災難

王城に向かうとギルガメッシュが様々な神官を叱責してた。
戦線報告の頻度を上げ、孫が生まれた者に休暇を与え、
資材を出し渋ってた神殿には全て出させるよう命じてた。
王が忙しい様子なので、藤丸は王に話しかけるのをためらってた。
マーリンは空気を読まずに言うべきことを言った方がいいと助言してた。
そして藤丸を引っ張って玉座に向かい、客人を連れて来たと訴えた。
シドゥリは天命の粘土版を要求したけど、まだ見つけてなかった。
王が粘土板を置いた場所を覚えていればとマーリンがぼやくと、
祭祀長シドゥリは不敬だとマーリンを説教してた。
客人を見て察した王は、ディンギル(神権印章)を取り出した。
アニメと同じだけど、例によってFFの召喚獣展開ですね。
マーリンはアナに藤丸を助けるよう指示した。
契約外だと言いつつアナは請け負った。
藤丸は「後で一緒にマーリンを倒そう」とアナに約束したw

アブスの腕(術)3体
ギルガメッシュ(術)&アブスの腕(術)2体

次のサポートはNPCアナにした。

アナ曰く、ギルガメッシュは途中から手を抜いてた。
藤丸達の力量不足を説教してた。
シドゥリには驚くべき力量の戦士に見えてた。
ギルガメッシュ曰く、マシュは大地の声を聞いてない……らしい。
聖杯回収を訴えると、王は既に聖杯を手にしてた
ただ「譲る」気はなかった。
三女神同盟も聖杯が狙いだと王は語った。
……ので藤丸が三女神同盟討伐を持ちかけると、
ジグラット中に響くほど王は大笑いした。
アナは何か言いたげに「……」となってた。
その程度の手駒で女神と戦うのは思い上がりと忠告した。
本当は千里眼で藤丸が女神を仲間にするとわかってんでしょ。
なのに「倒す」と言うので笑ったんでしょうね。
たぶん「倒す」と訴えるのは予知してなかったので、本当に予想外だったんでしょ。
そこにイシュタルが天井を突き破って現れた。
藤丸は「おかしな女の子」呼ばわりしてしまい、イシュタルを怒らせた。
……ので、イシュタルは金ぴかモロとも殺すと宣言した。

女神イシュタル(弓)&イシュタルガード(弓)2体

イシュタルはアナに気付いて急に撤退してた。
若い頃のメドゥーサも召喚されてたと気付いて、メドゥーサを倒させたいんだっけ。
シドゥリには白旗を用意しときなさいと命じてた。
王は舌打ちしてた。
イシュタル捕縛ネットを展開しようとしてたから。

マーリンを召喚したのは王だと知って、Dr.ロマンは驚いてた。
英霊召喚できる魔力があるとは思わなかったらしい。
マーリンは、王は戦う者から唱える者になった賢王と評した。
とは言え、神代は英霊召喚の難易度は低いらしい。
一応、藤丸の第6特異点までの働きは褒めてた
これも千里眼で知ってるんだよね。
王はカルデアの遠足に付き合う暇はないと言いつつも、シドゥリに面倒を見るよう命じた。
シドゥリは白旗の意味がわからなかった。
依り代の少女の国と藤丸の国は同じと推測してた。
調べたら、このイシュタルは凜を依り代としてから、古代に召喚されたらしい。
アニメだと古代の巫女に憑依してた。
シドゥリ曰く王が面倒を見ると命じるのは珍しく、つまり価値は認めてた。
カルデアのことを要らんとは言うものの無価値、無意味とは言わなかった
……ので、ウルク市内の仕事をするよう勧めてた。

第4節 働くウルク民

藤丸達は一軒家を提供された。
家賃も要らなかった。
そういえば、こうしてキチンとした宿に泊るの、初な気が……。
マーリンはジグラットに部屋があるのに、ここに泊ることしてた。
そして2階の角部屋を取った。
……のでアナは後で殺そうと言ってたw
アナも角部屋に住みたかったわけですね。
その夜、王が召喚したサーヴァントが集まって宴会(飲み会)やってた。
マーリンが聖杯戦争を教えたので、王も7騎のサーヴァントを召喚してた。
王の魔力で現界を維持できるはずがなく、
各サーヴァントが自力で魔力補給してるらしい。
中でも牛若丸が事実上のリーダー。
弁慶は牛若を怒らせて首を刎ねられてた
と思いきや、それは首を引っ込めただけの宴会芸だった。
牛若の切れっぷり、アニメとはだいぶ印象が違う。
レオニダスは兵に休息を取らせることを主張してた。
ウルク兵は休もうとしないらしい。
その割りに、レオニダスも実は大して休んでなかった。
残り3騎は死んだっぽい。

次のサポートもNPCアナにした。

翌朝、シドゥリがリマト氏の羊の毛を刈る仕事を持ってきてた。
羊1頭刈るのに4時間かかるらしい。
アナとマシュはもふもふを触れると期待してた。
その牧場は郊外で魔獣が出る。
という体でザコバトル。

魔猪(狂)2体
魔猪(狂)3体
黒き羊飼いの幻影(弓)&魔猪(狂)2体

リマト氏は魔獣を見張ってるだけで良かったと語ってた。
魔獣を倒してしまい、さすが王直属の兵と褒めてた。
しかし肝心の羊の毛刈りは「予約」があった。
神殿の巫女達が金払っても刈らせて欲しいと頼んだらしい。
……ので、毛刈りはできずにウルクに帰った。
マシュとアナはもふもふを触れずに落ち込んでた
これはアニメにはなってなかったはず。

次のサポートはNPC武蔵坊弁慶にした。

次の仕事は何とキッシナムゥ氏の奥方の浮気調査だった。
この仕事はアニメ化されてない。
キッシナムゥは兵舎勤めなので職場を離れられない。
しかも気になって士気も落ちていた。
牛若丸は市中パトロールのついでに藤丸に同行して尾行すると申し出た。
アナは大通りのお婆さんの花屋の手伝いだった。
この花屋はアニメ化されてた。

神々の遺産(弓)2体
神々の遺産(弓)2体&這い出るヨヒメン(槍)

調査でわかったのは、奥方は地底の謎の種族だった。
そして地上への進出を企んでた。
ヨヒメンとは、清姫らしい。
シルエットが清姫っぽいし、炎を吐くエフェクトが似てるし、声も同じいのりん?
牛若丸は三女神同盟の話をしてた。
北は魔獣、北東はイシュタルの天舟、南は密林。
密林はまだ正体不明。
王は何度か派兵して、誰も戻ってないらしい。
三女神同盟の狙いは聖杯。
牛若丸曰く、王はウルクの大杯と呼んでたらしい。
……と聞いてDr.ロマンは無言になった。
それはカルデアが追ってる聖杯ではないから。
王もマーリンもカルデアの勘違いに気付いて指摘しなかった。
ウルクの為にカルデアを利用したいんですね。
魔術王の聖杯は三女神召喚に使われた可能性が高い。

次のサポートはフレンドのアルトリアにした。

次の仕事はレオニダス配下の東宿舎の兵の100人組み手だった。
ティグリス川の水計で北の魔獣の侵攻は弱まるらしい。
その間に兵の質を上げる。
それを藤丸達がやれと。
これはアニメ化されてた。

ウルク兵スパルタン(剣)4体&ウルク兵(槍)5体&炎の鬼教官(槍)

100人組み手が終わるとレオニダスの講義が始まった。
内容が偏ってるようで、ウルク兵は「え?まあいいか」と言いつつも歓声を上げてたw
こんなとぼけた感じ、アニメではなかったw
アナは戦ってない藤丸が疲れてるのを不思議がってた。
アナはマスターの魔力をサーヴァントが消費するのを知らなかった。
藤丸が契約をするか聞くと、アナは勘違いしないでと釘を刺した。
アナは藤丸達が北壁で女神と戦うとマーリンに聞いて同行してるだけ……らしい。

藤丸は川掃除から宿に帰ってた。
牛若丸は害鳥退治で露店を4つ犠牲にしてしまい、
王から報告と苦情を一緒に持って来いとは言っとらんと怒られたらしい。
夕食はシドゥリのバターケーキだった。
ウルクでは巫女の銀が10枚する最上の食べ物らしい。
藤丸はDrロマンに寂しくないか聞いてた。
Drロマンはカルデアでも夜食パーティしてるとアピールしてた。
てことは、寂しいのでは?w

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)