はたらく細胞第13話「出血性ショック後編」救世主は東北人だった

はたらく細胞第13話「出血性ショック後編」は、輸血で宿主が助かる結末だった。
今回も細胞の力だけでは何もできなかった系のエピソードだった。

冒頭は好中球が傷口の周囲を探し回ってた。
1人だけ一般細胞が生きていた。
一般細胞は泣きながらも、血球がいなくなると体がどうなるか解説していたw
こういうのが正に教育アニメっぽいw
前話で血小板ちゃんが傷口にフィブリンを張ってたので、
もしかして血小板ズもと思わなくはなかったけど違った。

一方、赤血球と後輩ちゃんは酸欠で苦しむ一般細胞を介抱してた。
でも酸素の箱をそのまま置いたので「開けたれや」とツッコまれてたw

赤血球達は肺に酸素が溜まっているのに気付いた。
大量の酸素が運ばれずに放置されてた。
つまりそれだけ赤血球がいなくなってた。
呼吸自体も荒くなってたけど、体内が酸素不足なので酸素を吸おうとそうなるらしい。
でも酸素を運ぶ血球はいないので、いつまで経っても酸素不足は変わらない。

赤血球達は傷口付近にも酸素を運んでた。
ザイルで体を支えつつ崖を登ってた。
ここで血小板ちゃんが交通整理をやってた。
「きゃわたん」と言われてたけど、そんな場合じゃないw
てか、この子はさすがに消えないかw

その時、血圧が上昇してしまい、他の赤血球達は崖下へ転落して体外へ吸い出された。

更には体温が低下して、体内に雪が降ってたw
後輩ちゃんは絶望し、赤血球に切れてたw
後輩ちゃんは出血性ショック死を知ってたらしい。
それで自分らだけが頑張っても無駄だと。
こういうシリアスな話なので、このエピソードを最終話にしたんでしょうね。

で、赤血球もとうとう力尽きた。

……と思いきや、赤血球が気付くと大量の血球に囲まれていた。
雪も完全に溶けてなくなってた。
この血球達はなぜか全員東北訛りだったw
「誰?」って総ツッコミだったw
この発想はなかったとも言われてた。
これは輸血だった。
と言う事は血液の提供者は東北人?
ただ「制服が違う」と言ってたのは、血液型の違いかな。

輸血で体温低下や酸欠は一気に解消。
後輩ちゃんも「勉強になった」とお礼を言ってた。

最後は例によって酸素運搬と雑菌排除の日常が戻ったという結末。
日常アニメって言われてたw
宿主に何があったのかは説明なしw
前の熱中症の時も何もなかったね。

アンケートは「とても」が93.3%「まあまあ」が4.4%、計97.7%が「良かった」だった。
はたらく細胞第13話アンケート
安定と言われてた。
とは言え、前から似たような事を書いてるけど、今のニコ生は視聴者が減ったよねえ。
はたらく細胞クラスの人気作の最終回なら、来場者は数万はいたと思う。
今は1万しかいない。

“はたらく細胞第13話「出血性ショック後編」救世主は東北人だった” への1件のコメント

  1. はたらく細胞 BS11(9/29)#13終

    最終回 第13話 出血性ショック(後編) 好中球が辿り着いた傷口付近に血球の姿はなかった。大量の血球が傷口から吸い出されてしまったらしい。 圧倒的な血球不足で必要な酸素を…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)