はたらく細胞第6話「赤芽球と骨芽球」ロリショタとオネショタ

はたらく細胞第6話「赤芽球と骨芽球」は、白血球と赤血球の過去回。
何かロリショタ回だったw
なので「かわいい」とか「きゃわたん」と何回も弾幕が出てた。

冒頭は赤血球が例によって迷子となって、子ども時代(赤芽球時代)を過ごした赤色骨髄に迷い込んでた。
そこでは卒業式をやってた。
赤芽球の帽子の核を取る(脱核)ことで赤血球になるらしい。
調べてみると、脱核は哺乳類の赤血球にのみ見られる現象で、他の種では起きない。
脱核が起きると表面積が増えて酸素運搬効率が上がるんだそうで。

前駆細胞から赤芽球に分岐するらしいけど、
ナースが「赤毛だし」という適当な理由で選別していたw
コメントも「適当w」って弾幕で総ツッコミだった。

赤芽球は迷路を通って酸素を運ぶ訓練をしていた。
主人公の赤血球は元から方向音痴だったw
現実にも赤芽球は酸素を運ぶトレーニングをやってんですかね。
調べてもわからなかった。

あと白血球が細菌に扮して赤芽球を追っかける訓練もやってた。
この白血球は「なまはげw」とツッコまれてたw
実際に白血球が赤芽球に何か影響を及ぼすのかはわからない。

赤血球は例によって迷子になった。
とは言え骨髄外には出られないので骨髄内部ってのは変わらない。
そこに緑膿菌がいて赤芽球が襲われてしまう。
ここの悲鳴の演技は「ざーさんw」とか「声w」と弾幕になってた。
例のギャグの叫び方なんだよね。

現実にも緑膿菌が骨髄まで入り込む事はあるらしい。
それは骨髄炎で、難治性の疾患みたい。
赤芽球
前から宿主の不健康っぷりがツッコまれてるけど、
骨髄炎を患っているのが原因かもねえ。

好中球の子ども時代らしき「お兄ちゃん」が赤芽球を庇ってた。
でもそのナイフはゴム製のような柔いもので役に立たなかったw
この2人、幼少期に既に出会ってた設定だった訳だ。
今の赤血球はその事に気付いてなかった。
「そんな偶然あるわけないか」と薄ら気付きかけて否定していた。

何でこの場所に大人の好中球とかが来ないんだと思って見てたら、
結局は大人の好中球とマクロファージが駆けつけて緑膿菌を始末して終わった。
好中球は別の大人で今の準主役の好中球ではないけど、
マクロファージは今と同じで声も井上喜久子。
つまりマクロファージは年を取らない設定?
だから17歳(おいおい)さんがやってんのかもね。

後半は一般細胞がゾンビ化。

好中球がゾンビ細胞を駆除したらキラーT細胞が「珍しい」と評してた。
好中球は普段は細菌を倒す役割らしい。

キラーT細胞はゾンビ細胞を調べる為に運ぼうとしてたけど、
NK細胞が上空からキラーT細胞の頭上に着地して踏んづけて、ゾンビの死体を奪って調べてた。
実際にもNK細胞はキラーT細胞の獲物を横取りする事があるのかはわからなかった。
このタイプはすぐ増殖するとか、次回のテーマの正体を仄めかしていた。

更に一般細胞に他のゾンビがいる場所を聞いてたけど、
一般細胞は少年の姿でNK細胞は姉御系なので「おねしょた」とツッコまれてたw
この一般細胞は綺麗すぎて怪しいと言われてた。
何しろ声が石田彰なので石田細胞と言われてたw
何かエヴァンゲリオンのカヲル的な演技って言われてた。

NK細胞とキラーT細胞はなぜか喧嘩してた。
実際にも対立してるのかと調べたけどわからなかった。

最後はNK細胞が石田細胞を人気のない場所に連れ込んで「正体を現わせ」と迫ってた。
石田細胞は「バレてたか」と認めて引き。
引きを作るのはこのアニメにしては珍しいね。

次回予告は「最終回w」とツッコまれてた。
石田細胞がいかにもなラスボス感のある態度だった。
副題も「ガン細胞」だった。
「声バレw」とツッコまれてたw

実際、NK細胞はガン細胞を「学習」なしで認識できるらしい。
一方、キラーT細胞は敵を学習する必要があるらしい。
だからNK細胞はキラーT細胞を「バカ」扱いしてたんだろうね。

なのでNK細胞は石田細胞に目を付けていた訳。
石田細胞って第1話からずっと登場してたので、
コミックリリーフかと思ったらこういう伏線だった訳だねえ。
既に第1話からガン細胞が生まれていたって事ですね。

アンケートは「とても」が91.4%「まあまあ」が5.8%、計97.2%が「良かった」だった。
はたらく細胞第6話アンケート
90%台が続いてたけど、今回は91%台となった。
今回は血小板がキラーT細胞にバケツを貸すシーンで登場していたんで、その分が微増となったのかもw

“はたらく細胞第6話「赤芽球と骨芽球」ロリショタとオネショタ” への1件のコメント

  1. はたらく細胞 BS11(8/11)#06

    第6話 赤芽球と骨髄球 またもや迷子になった赤血球、迷い込んだのは赤色骨髄。そこは血球が誕生して育てられるところ。赤血球にとっても懐かしい故郷だった。 前駆細胞が生…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)