マギアレコード トリックトラブル学園祭

2020年5月18日~29日までの期間限定開催。
トラブルのタネ、ほくそ笑む花を限定アイテムと交換。

限定ガチャの「人生で最も幸せな時間」(+15)、
限定ショップの「隠し味探偵つむぎ(自称)」(+5)をセットしているとドロップが増える。

ぶるぶるヘルプコール、チャクチャク整う準備、ワクワク高まる学園祭を集めてクエストを遊ぶ方式。

今回のイベントも、物語内容と無関係なバトルクリアで次のエピソードが見れる。

トリックトラブル学園祭第1部

学園祭を中止しないとトラブルが起きるという脅迫状が届いてた。
具体的な描写は無いけど、野外ステージの資材が倒れたらしい。

第1話通常編

学園祭まで残り2日、若葉つむぎと竜城明日香、七瀬ゆきかは、
学園祭を脅迫に対応して見回りする事にした。

第1話トラブル編

まなかのクラスではタコ焼きと焼きそばの予定が、
発注ミスがあって冷凍タコ焼きと焼きそばが届いていた
てことは、脅迫状の送り主は学園関係者。
しかも発注内容を変更できる立場。
まなかは自腹で材料を揃えると主張。
しかしそれは学園祭の予算内でという規則違反なので、
まなかのクラスは学園祭不参加となってしまう。

「まなかの料理なら何でもおいしい」を選ぶと第1話未解決編が開放。
「余ったら打ち上げで食べればいい」を選ぶと第1話解決編が開放。

未選択側も後でもう一度選び直して異なる分岐を見れる。

またFREE1通常編、FREE1解決編、FREE1未解決編が開放。
(ただのバトル)

第1話未解決編

つむぎが「余ったら食べればいい」と主張して、
まなかは行き場のない怒りを抱えてしまった。
学園祭で売上を立てるのが問題なのに、
つむぎは自分が食べる事しか考えてなかった。
……とは言え、まかなはする事が無くなり、
つむぎのグループにヘルプが来てたので、
まなかも付き合う事になった。

第2話トラブル編と第3話トラブル編が開放。

第1話解決編

つむぎは麺は冷凍でもまなかがソースを作ればいいと提案した。
まなかがあり合わせの素材でソースを作って試食すると、モブ子にも好評だった。
つむぎはまなかの頬についてた種を見つけた。

このソースのレシピを客に配る事をモブ子が提案すると、まなかは快く引き受けた。
実は、モブ子達はまなか一人でやればいいじゃんと、内心では思ってたらしい。

モブ子達はレシピ作りをし始めて、まなかはする事が無くなった。
そこでつむぎはヘルプを手伝うよう要求した。
借りがあるまなかは、つむぎに付き合う事にした。

第2話トラブル編と第3話トラブル編が開放。

第2話トラブル編

ヘルプの連絡で、旧校舎の机に茸が大量発生していたと判明。
先輩の矢宵かのこのクラスでは原木に植えた茸を使った料理を提供予定だった。
ただし原木は隣の教室に移動済み。
旧校舎は水漏れがあり、全体が湿気ていた。
しかし茸の成長には1週間はかかるはずで、昨日は何ともなかったらしい。

「そのまま焼いて食べちゃおう」を選ぶと、第2話未解決編が開放。
「もったいないから持って帰っていい」を選ぶと第2話解決編が開放。

第2話未解決編

つむぎとかのこは茸を焼いて食ってしまった。
しかし、その茸は美味しくなかった。
しばらくして、つむぎとかのこはお腹が痛くなってきた。
そこにまかなと担任が来て、茸を食べた事を話した。
まなか曰く、机には防腐剤が塗ってあるので、
茸が防腐剤を吸収して毒茸になっていたと。
……とは言え、魔法少女だったおかげか、時間が経つと痛みは治った。

第4話トラブル編と第5話トラブル編が開放。

第2話解決編

つむぎはかのこと一緒に茸を袋に詰め始めた。
かのこは透明人間が脅迫状を職員室に置いたという噂を話した。
監視カメラに誰も写ってなかったので、透明人間の噂が広まったらしい。
全ての茸を袋に入れると、まなか達がやって来て原木は全て無事だと報告。
……とは言え、まなかは袋詰めの茸を見てつむぎに食べないよう忠告した。
机に使われている防腐剤を吸収して毒茸になっていると……。
つむぎ達は茸を持ち帰るのを諦めたけど、
その時、何かの種が落ちたのをつむぎは拾った。

第4話トラブル編と第5話トラブル編が開放。

第3話トラブル編

ヘルプの連絡は、梢麻友先輩のクラスだった。
屋台に出す綿飴のザラメが発注ミスで飴玉が届いていた
クラスのモブ子は責任を感じて、みんなが重い空気になっていた。
これが犯人の狙いらしい。
梢は予算の余りが無いか尋ねたけど、予算内でやってもらうしかなかった。
飴玉はザラメと原材料は同じと聞いたつむぎは何かを思いついた。

「砕こう」を選ぶと第3話解決編が開放。
「出し物にしちゃおう」を選ぶと第3話未解決編が開放。

第3話未解決編

つむぎは飴玉早食い競争を提案した。
まなかは喉に詰まらせると否定的だけど、
梢は一応早食い競争をやってみる事にした。
つむぎは案の定、飴玉を喉に詰まらせた。
早食い競争は却下となった。

第6話トラブル編と第7話トラブル編が開放。

第3話解決編

つむぎが飴玉をハンマーで砕くと、ザラメと同じだと気付いた。
つむぎは飴玉の袋に混ざっていた種を見つけた。
砕いた飴玉で綿飴を作ると、元のフルーツ味の綿飴になった。
結果的により良い出し物となって、
責任感じていたモブ子も元気を取り戻した。

発注ミスは実行委員会で取りまとめてるわけではないので、
クラスの誰かが犯人だとつむぎ達は推測していた。
でもそれ以上思いつかないので、見回りしながら考える事になった。

第6話トラブル編と第7話トラブル編が開放。

第4話トラブル編

次は校門のアーチが壊れたというヘルプだった。
アーチは土台が破損していた。
トラブル続きで実行委員長は来れず、
修理に必要な時間や材料もわからず、
つむぎ達では何も思いつかなかった。

「発想を変えよう!アーチを使わない方法とか」を選ぶと第4話未解決編が開放。
「頭使ったらお腹が減ってきた」を選ぶと第4話解決編が開放。
「頑張って支えるとか?」を選ぶと第5話未解決編が開放。

第4話未解決編

つむぎは学園祭の顔があればいいと主張。
顔とは史乃沙優希だった。
水名のご当地アイドルで水名学園の顔……という理屈。
実行委員長もチラシを配るなら有名人がいいと許可してしまった。
まなかはトラブル続きで疲れてると察して、
後で差し入れ持って行こうと決めた。

第1話BADENDが開放。

第1話BADEND

学園祭当日、沙優希が校門でチラシを配っていた。
通行人がアイドルさゆさゆと気付いてSNSに投稿。
人だかりができて、イベント出禁男も来てしまった。
出禁男はローアングルで写真撮って、他のファンと喧嘩してた。
このせいで警察沙汰となってしまい、学園祭は中止になった。

第5話未解決編

つむぎはアーチの土台を人力で支える事を思いついた。
すると、竜城明日香が「素晴らしい」と食いついた。
この展開に、まなかとゆきかはいつの間にかいなくなっていた。
つむぎと明日香が人を呼んで土台を支えるテストをやってた。
通りすがりの梢、かのこ、月夜も参加させられた。
その場にいる生徒に聞くと、支える方法は過半数が支持していた。
……ので、学園祭当日も交代で人力で支える事になった。
まなかはそれを聞いて呆れていた。

第4話解決編

つむぎがお腹空いたことで餅は餅屋、料理の事はまなかだよと何気に語った。
それはつまり専門家を呼べという意味。
学校の技術の先生に見てもらうと、
授業で使った端材で直せるという見立てだった。
その時、つむぎは何かの種を拾った。
先生は技術が得意なモブ子を呼んだけど、
モブ子は明らかにやる気無さげだった。
……とは言え、土台は修理成功した。

第2話通常編が開放。

第5話トラブル編

次のヘルプは旧校舎3階の火災感知器の誤作動だった。
阿見莉愛と二葉さなとモブ子がいて、
誤作動で作業が止まっていたと訴えた。
莉愛のクラスはパンケーキ、さなのクラスはクレープを作っていた。
ただし、使ってたのはホットプレート。
つむぎはホットプレートと感知器から何かを思いつきそうだった。

「窓開けて様子見かな」を選ぶと第7話未解決編が開放。
「止めておく?故障してるかもしれないし」を選ぶと第6話未解決編が開放。
「思い出したよ、クレープだ」を選ぶと第5話解決編が開放。

第5話解決編

つむぎは自宅でクレープ焼いて火災感知器を作動させた事があった。
その時、感知器が古いと誤作動するとわかったらしい。
感知器は10~15年で取り替える必要がある。
なので、先生に頼んで取り替えてもらう事になった。
その時、つむぎの頭上に種が降ってきた。

教室から帰り、つむぎはトラブルが勝手に怒っていると不思議がってた。
まなかはつむぎが言いたいのは、トラブルの意図がわからないという意味と把握してた。

第2話通常編が開放。

第7話未解決編

つむぎは料理中は窓を開けて換気するよねと主張。
他に案を思いつく事も無かったので、窓を開けて調理した。
すると、感知器は鳴らなかった。
つむぎはできた料理を食べてばかりで、
まなかは呆れてつむぎを連れて出て行った。

第2話BADENDが開放。

第2話BADEND

学園祭準備期間2日目、旧校舎が水浸しになっていた。
火災感知器が夜中に誤作動して、水槽が空になるまで放水したらしい。
旧校舎は学園祭の資材置き場なので、殆どの資材が水に濡れてた
また茸が大量発生していた。
資材が使えなくなり、学園祭も中止となった。

第6話未解決編

つむぎは感知器を止めるよう主張した。
学園祭の間だけ止めて、終われば戻せばいいと。
先生に怒られる懸念もあったけど、他に方法もないので止めたらしい。
まなかは換気もするよう注意して教室を去った。

第2話通常編が開放。

第6話トラブル編

次のヘルプは月夜からだった。
文化部と運動部が沙優希を取り合って対立していた。
仲裁に入った箏曲部部長の月夜は、
文化部からは裏切り者、運動部からは敵扱いだったらしい。
対応を迫られてつむぎは何かを思いついた。

「自分達の力で頑張るべきです」を選ぶと第9話未解決編が開放。
「おいしい方で」を選ぶと第6話解決編が開放。
「私が沙優希先輩の代わりになります」を選ぶと第8話未解決編が開放。

第6話解決編

つむぎの提案でおいしい方、つまり沙優希が幸せになれる方に参加する事になった。
文化部は箏曲と茶の湯、運動部は早食い競争。
茶道はマナーに慣れてないし、早食いは小食の沙優希には向いてなかった。
つむぎはどちらも沙優希に楽しんで欲しいのではなく、
相手に勝ちたくて押しつけていたと指摘。
どちらも沙優希に謝罪して、取り合いを止めた。
とは言え、当日は難しいけど動画メッセージなら撮れると提案して、どちらも食いついていた。
最後につむぎの頭上から種が降ってきた。
モブ子には種が見えてなかった

第2話通常編が開放。

第9話未解決編

つむぎはみんなそうしてるのだから、自分の力で頑張るべきとド正論を主張。
また、どちらも沙優希をさゆさゆと呼ぶのでファンだと気付いた。
ファンなら沙優希を困らせてはいけない。
とは言え、喧嘩するなら売上対決でとつむぎは余計な事を言ってしまった。
文化部と運動部は険悪なまま去った。

第3話BADENDが開放。

第3話BADEND

学園祭当日、各地で文化部と運動部の対立が勃発していた。
しかも沙優希の奪い合いが再燃していた。
実行委員は次々に対応に追われ、つむぎはおいしい物を食べる暇がなかった。

第8話未解決編

つむぎが沙優希の代わりに参加すると主張。
文化部はお茶と琴、運動部は早食いでつむぎを試して、納得したらしい。
当日はつむぎも運営委員なので忙しい。
……なのに、つむぎは気楽に考えていた。

第2話通常編が開放。

第7話トラブル編

実行委員の呼び出しで、委員ではないまなかとは別れた。
トラブルは後夜祭用のバーベキューの串が全て折れていた事だった。

「串を木の枝で代用する」を選ぶと第10話未解決編が開放。
「串なしで焼いちゃってもおいしいはず」を選ぶと第11話未解決編が開放。
「自分の串は自分で用意するのはどうかな」を選ぶと第7話解決編が開放。

第7話解決編

つむぎが串を持ち寄る事を提案すると、
アイディアはいいけど串を配るのに手間がかかる懸念があった。
つむぎは更に各自が串を自分で刺す事を提案。
ビュッフェ形式で好きな具材を刺す事になった。
折れた串の箱の中に種が見つかり、
つむぎが後で委員長に渡すと受け取った。

第2話通常編が開放。

第10話未解決編

つむぎは木の枝で代用する提案をした。
モブ子委員は衛生問題から難色を示した。
それでも試しにつむぎが焼いてみることになった。
校庭でほどよい枝を見つけて焼いていたところで暗転してイベント終了。

第4話BADENDが開放。

第4話BADEND

串焼きの煙を吸ったゆきかとつむぎは急に体調が悪化した。
様子を見に来たまなかは、毒性のあるキョウチクトウだと気付いて救急車を呼んだ。
つむぎとゆきかは入院となって、事態を重く見た学園側は学園祭を中止した。

第11話未解決編

つむぎは鉄板焼きを提案した。
他に案もないので、採用さえた。
合流したまなかは、つむぎが木の枝に刺すと主張すると予想して不安だったらしい。

第5話BADENDが開放。

第5話BADEND

たぶん未解決編を全てクリアするのが開放条件。

実際の学園祭では次々にトラブルが起きていた。
茸料理は病みつきになる味だと奪い合い、
アーチを支えるのは危険だと保護者からクレームがつき、
飴玉のせいで転倒事故が起きてしまい、
文化部と運動部の出し物にも参加する必要があり、
戻すのを忘れていた感知器のせいで先生に怒られていた。

後夜祭の鉄板焼きも段取りが悪く、
焼き終わってもつむぎは何も食べられなかった。
まなかのタコ焼きと焼きそばは大量に売れ残っていた。
余ったら食べると約束していたつむぎでも、
それらを食べきるのは無理だった。

トラブル続きの学園祭で生徒からもうやりたくないという声が上がり、
翌年以降からは水名女学園の学園祭は無くなってしまった。

第2話通常編

単に「まだまだヘルプが来てるから、解決しよう」と、つむぎとまなかが話してるだけ。
何の意味が……?

解決編2~7をクリアすると第3話通常編が開放。

第3話通常編

学園祭の準備初日は無事に終わったらしい。
その帰りにまなかはオムライスをつむぎに奢った。
トラブルを起こす脅迫状の犯人は見つかってない。
トラブル自体は致命的ではなく、臆病な人物が犯人とまなかは推理した。

帰宅したつむぎは種から魔力を感じると気付いた。
つまり、犯人は魔法少女。

トリックトラブル第2部

第1部第3話通常編(INTERMISSION)をクリアすると遊べる。

第4話通常編

犯人は魔法少女だとは気付いたものの、
水名の魔法少女が犯人とは想像つかなかった。
外部から来た魔法少女の可能性もある。
つむぎは学校を調査して次の犯行を止めようと決めた。

第8話トラブル編が開放。

第8話トラブル編

つむぎは犯人の手がかりを探ろうと、夜の学校に行ってみた。
そこには竜城明日香がいて、つむぎを犯人だと勘違いして問い詰めてた。
犯人は現場にやって来ると、明日香は推測していたらしい。
つむぎは実行委員なので情報が手に入る立場なので怪しまれていた。

「犯人は私」を選ぶと、第9話トラブル編が開放。
「私が犯人なわけがないよ」を選ぶと、第8話解決編が開放。

更にFREE4通常編、FREE4解決編編、FREE4未解決編が開放。
(ただのバトル)

第9話トラブル編

つむぎは明日香の指摘に動揺して、
無意識の犯行という説を受け入れそうになってた。
しかし、明日香もつむぎと同じ考えで学校に来たはずだと思い直した。

「説得するために学校に侵入して証拠を探す」を選ぶと、第6話BADENDが開放。
「証拠はないから思いの丈をぶつけるしかない」を選ぶと、第9話解決編が開放。

第6話BADEND

つむぎは学校に侵入して証拠を見つけようとした。
しかし見回りに先生に見つかってしまった。
学園祭準備期間中、時間外に学校に来た生徒は学園祭参加中止というルールらしい。
つむぎも参加中止で自宅謹慎となり、学園祭は終わった。

第9話解決編

つむぎは明日香に学園祭を守りたいと訴えた。
また明日香に、つむぎが犯人なら動機となる証拠を示すべきと主張。
明日香は不明を詫びて、一緒に犯人捜しをする事になった。
そこにゆきかが現れて、同様に犯人の手がかりを探しに来たと語った。
ここにいると先生に見つかって怒られるかもしれないので、公園で待機する事にした。
つむぎは他の魔法少女も呼んで、種について聞く事にした。

第5話通常編が開放。

第8話解決編

つむぎは実行委員で情報が手に入るのは明日香も同じと指摘。
お互いに疑い合っていると、ゆきかも調査に来た。
つむぎ達はゆきが犯人だと勘違いしていた。

暗転して、ゆきかが2人を落ち着かせたらしい。
普通に考えてつむぎ達が犯人のはずがない。
そこでつむぎ達は魔法少女を集めて話し合う事にした。

第5話通常編が開放。

第5話通常編

阿見莉愛、胡桃まなか、二葉さな、梢麻友、天音月夜を呼んでいた。
月夜はゆきかを魔法少女だと気付いてなかった。
一般生徒が魔法少女の集まりに関わるのは危険だと心配していた。
つむぎは種を見せて魔力が残っている事を説明した。

第6話通常編が開放。

第6話通常編

つむぎは種について説明してた。
小さい種は沙優希、まなか、かのこの身体、アーチについていた。
中くらいの種は飴玉、火災感知器。
大きい種は串の段ボール。
トラブルに種が関わっているのは明らか
つむぎ達は3チームに分れて学校を捜索する事にした。
学校への侵入は、監視カメラの死角を知っていたゆきかが誘導したらしい。
「以前ちょっと……」と、何かあった様子だけど限定イベントかな……。
学校には誰かがいたけど、逃げてしまった。

第10話トラブル編、第12話トラブル編、第14話トラブル編が開放。

第10話トラブル編

つむぎチームは校庭で種を探してた。
実行委員が解決した場所に落ちていたらしい。
次に体育館を探すと、種と同じ魔力を感じた。
出入口を見張りつつ内部を探しても誰もいなくて、種が落ちていただけ。
つむぎは、犯人は何がしたいんだろうと語り始めた。

第11話トラブル編が開放。

第11話トラブル編

つむぎ達は犯人が学園祭を邪魔する動機を話していた。
学園祭を嫌っている生徒もいると、ゆきかは語った。
それを聞いてつむぎは、学園祭に乗り気じゃないモブ子を思いだした。

「脅迫状の人はどうして楽しめないんだろう」を選ぶと第10話解決編が開放。
「でもやっぱり学園祭って楽しいものだよ」を選ぶと第7話BADENDが開放。

第7話BADEND

つむぎは学園祭に乗り気じゃないモブ子を思いだしていた。
それでもトラブル解決をきっかけにして楽しむようになったモブ子もいた。
なのでつむぎは、学園祭をみんな楽しんで欲しいと訴えた。
その時、体育館の天井のライトが落下した。
ライトにはアボカドくらいの大きな種が付いてた。
種は発芽して枯れた花が咲いて、すぐに消滅した。
嫌な予感がしてみんなと合流しようとすると、
つむぎがマンホールに落ちてしまった。
開いたマンホールから下水が校庭に溢れて
資材は全て汚染されてしまい、学園祭は中止となった。

第10話解決編

つむぎは学園祭に乗り気じゃないモブ子には各自に理由があったと気付いた。
脅迫状の犯人も理由があって中止させようとしているかもしれない。
なので、犯人に直接聞いてみようと決めたところ、
ステージの裏から物音が聞こえた。
物陰だったので見逃したのかもしれないと、つむぎは謝った。
しかし、体育館を探しても誰もいなかった。
ただ、閉まっていたはずの搬入口が開いていた。

第7話通常編が開放。

第12話トラブル編

まなか、月夜、かのこ、沙優希達は校内で種を見つけてた。
これ見よがしに種が続いていた。
その行く先は月夜の教室だった。
月夜のクラスでは謎解きと脱出ゲームをするらしい。
謎解き用の模造紙に種がついて芽が出ていた。

第13話トラブル編

沙優希は謎解きの答えが和同開珎ではなく寛永通宝だと指摘してた。
まなかは遊んでる場合じゃないと怒ったけど、
ヒントの間違いに気付いた事で芽が萎んで種に戻った。
種はトラブルを解決すると縮むらしい。

「他のタネも観察してみましょう」を選ぶと、第8話BADENDが開放。
「夜の内にできるだけ多くのトラブルを潰しましょう」を選ぶと、第11話解決編が開放。

第8話BADEND

まなかは他の種も観察するよう訴えてた。
種を放置するのは危険と月夜は反対した。
しかし、芽が出た後にどうなるか知りたいと説得された。
まなか達はお化け屋敷を予定している教室に向かった。
室内の種は花を咲かせていた。
観察するのに電気を点けようとすると、スイッチが効かなかった。
全員が持ってたスマホも電源が入らなかった。
外に出ようとしても、扉も窓も開かなかった。
やがて花は枯れて大きな種が飛んでしまった。
すると扉が開いて外に出られた。

外は既に明るくなっていた。
つむぎは一晩中、連絡がつかずに心配したと駆け寄ってきた。
まなか達には少しの時間が、室外では一晩経っていた。

その後、学園祭のお化け屋敷で外に出られないと訴える生徒が続出。
更に学園祭に来た他の客も集団幻覚が起きてしまい、学園祭は中止になった。

第11話解決編

他の種も探してトラブルを潰して回ってた。
花が咲いていた種もあって、手遅れ寸前だったっらしい。
沙優希が種を踏んでしまったけど、種は潰れなかった。
まなかは種を破壊できるか確認したいと主張。
沙優希が魔法少女になって種を攻撃すると、種は砕けた

第7話通常編が開放。

第14話トラブル編

さな、莉愛、麻友も校舎を探していた。
すると魔力を感じたので駆けつけると誰もいなかった。
そこでも魔力を感じて駆けつけると誰もいない。
……という事を繰り返してた。
犯人は魔力で誘導してるけど、意図はわからなかった。
さなは今朝の出来事を思い出していた。

第15話トラブル編

さなは今朝、かのこと一緒に話していたらしい。
さなのクラスはクレープ作りで、さなはする事がない。
かのこは他の魔法少女のところへ行けばいいと助言していた。
そこで、謎の女の子とかのこがぶつかってしまった。
その子は、さなやかのこを見て口ごもっていた
それが、さな達が今いる廊下だった。

さなは関係ないですよねと取り消そうとした。
莉愛や麻友はわからないと答えた。
それに魔力が途絶えたのも、この廊下だった。
さなに自身を持つよう助言した莉愛は、
つむぎがなぜさなも呼んだのか説明した。
それはさなを頼っていたから。
……と聞いてさなは自分の考えを語った。

「矢宵さんにも話をきいてみた方がいいでしょうか?」を選ぶと第9話BADENDが開放。
「一緒に、考えて欲しいです」を選ぶと、第12話解決編が開放。

第9話BADEND

さなはかのこに電話して今朝の状況を聞こうとした。
しかし、かのこの電話は繋がらなかった。
新校舎にいるかのこに直接会いに行こうとして校庭にでたところ、
旧校舎の火災感知器が作動してしまった。
今度は本物の火事で、さな達は避難した。
火災自体はスプリンクラーが作動してすぐに消火された。
しかし資材が水浸しとなり、火事を重く見た学園側は学園祭は中止した。

第12話解決編

さなは莉愛と麻友に一緒に考えてもらった。
謎の子はかのこの手を見てたらしい。
また、さなを見て助けを訴える目をしていた。
それはかつてのさなと同じ目だった。
……さなは普通の子には見えず、魔法少女にしか見えない。
さなが見えていたのだから、謎の子も魔法少女
かのこの手を見てたのは、ソウルジェムに気付いたから。

周囲のブレーカーを調べると、内部に鼠がいて逃げてった。
放置してケーブルを囓られたら停電していた可能性が高かった。
鼠が逃げた後、大きな種が見つかった。

第7話通常編が開放。

第7話通常編

第10話解決編、第11話解決編、第12話解決編をクリアすると開放

まなか、かのこ、沙優希、さな、麻友、莉愛は校庭で合流。
さなは今朝ぶつかった子をかのこにも聞いた。
かのこもソウルジェムを見てた説に同意した。
さなは犯人が止めて欲しくてやってると主張。
種の性質を教えたり場所を誘導したりしてるのと、
助けて欲しいって目をしてたのが根拠。
そこに謎の子が現れて逃げた。
遅れてつむぎ、明日香、ゆきかも魔法少女の姿で追って来た。

第16話トラブル編が開放。

第16話トラブル編

つむぎは謎の子を校門で捕まえてた。
謎の子は大きな種を見せて、発芽したらどうなるか聞いた。
大きなトラブルが起きるとつむぎは動揺した。
……とは言え、遅れて追いついたまなかが魔力で種を消した。
謎の子は学校中に種をばらまいたと主張。
さなはそれを「種を何とかして欲しいってことですよね」と問い糾した。
謎の子は動揺して逃げた。
莉愛はつむぎとまなかとさなに、謎の子を追うよう指示。
そして種は自分達が何とかすると。

ここで魔法少女HP10万とのバトル。

バトル後に第17話トラブル編が開放。

第17話トラブル編

謎の子はつむぎやさなに攻撃して抵抗してた。
しかしソウルジェムが濁っていると指摘されて、あっさり投降した。
つむぎ達はテレパシーですっきりしないと話し合ってた。
そしてつむぎは謎の子に語りかけた。

「学園祭って楽しいんだよ」を選ぶと、第10話BADENDが開放。
「キミの話、ちゃんと聞かせて」を選ぶと、第13話解決編が開放。
「これからお説教します」を選ぶと、第12話未解決編が開放。

第10話BADEND

つむぎは「学園祭は楽しい」と訴えた。
謎の子はそんな事、わかっていた。
謎の子のソウルジェムが濁りきっていた。
さなはやちよから貰ったグリーフシードを出したけど、遅かった。
現れたドッペルを倒しても、ドッペルが出した種は既に学校中に散っていた
その種は「嫌い」と書かれていたせいで、
種の影響を受けた生徒は次々と学園祭準備を拒否した。
学園祭は中止になってしまった。
つむぎは自分の言葉が間違っていたと悔やんでいた。
謎の子はつむぎと会おうとしなかった。
まなかが新しいオムライスを作ったメッセージを送っても、つむぎには食欲がなかった。

第12話未解決編NORMAL END

つむぎは謎の子に説教し始めた。
内容は描かれず、遅れて来た莉愛達が待たされてうんざりしていた。
謎の子はそれ以上は何もせず、学園祭は無事に開催された。
当日につむぎは謎の子が来るのを校門で待ってたけど、現れなかった。
まなか曰く、謎の子は先生に自首していた。
しかし、トラブルを起こした方法を説明できず、
ただのイタズラと思われただけだったらしい。
以降、謎の子は学校に来なくなった。
謎の子が言わなかった秘密もわからずじまいに終わった。

第13話解決編

謎の子に話を聞くと、何度も転校してる転校生だった。
それで学園祭に馴染めなかった。
種はきっかけを作る魔法らしい。
ただし、何のきっかけが起きるかは自分でもわからない。
種を点々と撒いてたと聞かれても、たぶんそうですと曖昧だった。
学園祭は楽しいと思いたいと口にすると、種が芽吹いてしまった。
この種は謎の子が学園祭と楽しいを口にすると成長するらしい。
なので、謎の子は慌てて否定したけど遅かった。
種から魔女が現れてしまい、さなは莉愛達を呼んで戦う事にした。
……と思いきや、実際には子守の魔女の手下(使い魔)とのバトルだった。

クリアで第8話通常編が開放。

第8話通常編

バトルはザコと子守の魔女(闇HP15万)だった。
マギアレコード 子守の魔女

バトル後に謎の子は、ソウルジェムが濁りきって生まれた化物が種を生んだと語った。
ドッペルを制御できなかったらしい。
種を処理できる魔法少女を探してたけど「助けて」と言う勇気が無かった。
代わりに自分で処理しようと深夜に学校に侵入した。
つむぎは謎の子に責任を取ってもらおうと、
実行委員に入って一緒に仕事をする事を命じた。
また学園祭当日も、実行委員としておいしい物食べながら見回りする事を命じた。
莉愛達先輩も頷いていたので、謎の子はその案を受け入れた。

学園祭の準備期間も当日も、つむぎと一緒に実行委員をやってた。
そして校門のアーチに来て、つむぎとまなかと一緒に写真を撮った。

クリア報酬はメモリア「思い出は写真の中に」
CHALLENGE6が開放。

第9話通常編

第10話BADEND、第12話NORMAL END、第8話通常編をクリアすると開放

謎の子視点で、種を処理する為に学校へ侵入してた回想だった。
種は自分の魔力に反応して発芽してしまうので、
他の魔法少女に処理してもらうしかなかった。
そこで3つのきっかけの種を作って、先回りして置いていた。
犯人に繋がるきっかけ、種を処理できるきっかけ、犯人を捕まえるきっかけだった。
隠れていた体育館で物音を立ててしまい、
逃亡したけど、このまま捕まればいいと考えたらしい。
しかし、つむぎが出した解決案は謎の子には優しいものだった。
謎の子はつむぎ達と撮った写真を大切にしようと決めていた。
何となく、既に水名からも転校してるっぽい視点ですね。
ずっと名無しだし……レギュラー出演するのかと思ってた。

以上で、全イベントはお終い。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)