一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

殺戮の天使第13話「I’m not your God」レイチェルVSザック

殺戮の天使第13話「I’m not your God」はザックとレイチェルが戦うエピソード。
先週は台風で配信停止となった。
でも殺戮の天使第13話以降は地上波は元から放送しないんで、
なぜウェブ(Amazonプライム)も影響を受けるのかわからない。

アバンは前話でザックがニュース映像を見てた続き。
そしてザックはレイチェルの正体に気付いたってシーン。

更にダニーはザックが見てるテレビにカウンセリング映像を映してザックを煽ってた。

レイチェルは子犬を拾って飼う許可が欲しかった。
両親は喧嘩をしてレイチェルの言い分を聞かなかった。
父は母を殴って酒を買いに出かけた。
原作ゲームだと酒とは明示されてない。
なので娼婦を買いに行ったのかなと思ってた。

レイチェルは子犬に噛まれた。
その後、子犬を「直した」。
原作ゲームでも、レイチェルが子犬を殺したとは描かれてない。
糸で縫った子犬がちゃんと描かれてたけど、別にグロくはなかった。
ぬいぐるみに見える程度。
縫った事でレイチェルの「理想の子犬」になった。
両親もレイチェルが何をしてるか知ってた。
その異常行動の原因を母だと決めつけ、父は切れて母にあたって殺す。
そしてレイチェルも殺そうとした。

母は廊下の引出にこっそりピストルを隠してた。
追い詰められたレイチェルはこのピストルで父を射殺。
ここで5発撃ってたのはオリ要素。
ゲームだと単に撃ったとわかるだけ。
キャシーを撃った時は1発で、以降は弾切れなので装弾数は6発かな。
マガジン式にしては少ない。

そして両親の死体を糸で縫って「直した」。
これで「理想の両親」になった。

回想が終わり、ザックはレイチェルの元に向かった。
ダニーはレイチェルと一緒にいてピストルでザックを牽制。
ザックはレイチェルに「このフロアに来た奴はお前が殺すのか?」と聞いてた。
レイチェルはこれには無言だった。
次に「お前は俺を殺すのか」と聞くと、レイチェルは違うと返答。
ただ「理想の殺人鬼」としてレイチェルを殺して欲しかったんだよね。
駄目押しにダニーが「自分が神父に頼んで連れて来た」と答えた。
これでレイチェルがフロアマスターだったと明らかになった。

以降はザックVSレイチェル。
ここらのやり取りはかなり忘れてた。

ザックは「俺はお前の神じゃない」と否定。
また「俺に嘘をついてたのか」と聞いても、やはり答えなかった。
原作ゲームだとここで肯定してる。
「お前は自分の事を俺に決めさせる気か」と聞かれ、これも無言。
基本、レイチェルが無言になるのは暗に肯定してる時。

それを聞いてレイチェルはザックを威嚇射撃。
しかしレイチェルは無言で逃げた。
レイチェルはただの犠牲者としてザックに殺されたかったんだよね。
正体がバレては殺人鬼同士の戦いになってしまう。
それでは罪人のままで死ぬだけなので、レイチェルの理想の死とは違う。

レイチェルはフロアにあった聖書を読んでしまい、自分が罪人だと気付いた。
それでフロアマスターとしては役立たずとなった。
神父はレイチェルを犠牲者として殺す事にした。

レイチェルはこのフロアの罠を熟知してた。
と言う事は、やはりこのフロアのハンターはレイチェル。
レイチェルが殺人鬼をやってた方が二重人格説にマッチしてる。
でも聖書を読んだショックで一時的な健忘症となったとも言える。
この辺は原作でも明示されてないんだよねえ。
アニメでもやはりわからないまま終わりそう。

最後は居間でザックに問い詰められてた。
しかしダニーが背後からザックに銃を突きつけてたらしい。
そしてレイチェルは発砲という引き。
誰を撃ったのかは描かれてない。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)