とある科学の一方通行第8話「蛭魅」自殺

とある科学の一方通行第8話「蛭魅」は、ローゼンタールとヒルミの回想回。

エステルと蛭魅

アバンは菱形とヒルミがローゼンタールと出会った時から。
LV6の研究をしてた菱形は、ローゼンタールを迎えていた。
ヒルミはなぜかローゼンタールの匂いを嗅いでた。
ここでヒルミはローゼンタールを好感してたっぽい。

ローゼンタールは死霊術を使うと自己紹介。
ギュウキ、コントン、トウテツ、トウコツの4つの疑似魂魄の「符」も見せた。
ところが、ローゼンタールは何の為に呼ばれたのかわかってなかった。
呼んだのは上層部の誰からしく、菱形ではなかった。

棺桶の成り立ち

菱形は能力が宿る部位を探していた。
能力者の臓器を針で停止させ、それでも能力が消えるかという実験だった。
普通に考えて脳じゃないの?
生命維持に必要な臓器を止めると死んでしまうので、生命を維持する装置を作った。
それが棺桶(蜘蛛型ロボット)の由来だった。
しかし、棺桶の研究は当初の目的とは違う方向に進んでたらしい。

シャワールーム

ローゼンタールは沐浴しようとして、町中で脱いだ。
第1話の男女3人組が登場して「脱ぎ女」と勘違いしてた。
そこをヒルミに止められ、シャワールームに案内された。
ここで着替えてた際にヒルミに符が付着し、憑依されたらしい。

ローゼンタールがシャワーを終えると、ヒルミの服を着てた。
ヒルミはその服をローゼンタールにあげた。
ヒルミはボクシングやってたけど、運動音痴っぽい。

誰もがLV6になれる

菱形達は人体実験し、使い捨てていたらしい。
被験者に機械を装着し、体が大きくなったと思わせると能力が向上する
ところが、機械が大きすぎると自我が壊れる
つまり、意識が薄まるらしい。
とは言え、この手法で誰もがLV6になれると菱形は確信していた様子。

ヒルミはLV6の被験者と思わせて、実は関係なかった。
菱形はLV6候補と勘違いさせていただけ。
運動音痴の下りはこの伏線だった。
菱形はシスコンなので、お兄ちゃんの役に立ちたいヒルミの願いを断れなかったのだろうね。

ローゼンタールは自分が呼ばれた訳を知りたがってた。
ヒルミは誰かの役に立ちたいローゼンタールに、自分の役に立ってと約束させた
ヒルミも兄の役に立ちたいらしい。
ここでヒルミは咳き込んでた
ローゼンタールは、パフェをたくさん食うからと勘違いしていた。

自殺

ヒルミはLV6の実験に協力すると訴えた。
しかし菱形は拒否。
棺桶の安全装置が完成するまで1年から2年は必要、という理屈で説得。
ヒルミは泣きべそかいて立ち去った。

ヒルミはこっそり研究所に潜入。
ここでも咳き込んで血を吐いてた
口内炎ってツッコまれてたけど、そんなレベルじゃないw
そして、ビデオメッセージを撮ってた。
「死んじゃった」と軽く言ってた。

ヒルミは自殺したらしい。
死体を保存する溶液で溺死したっぽい。
ヒルミは余命が幾ばくもないという診断が出ていたらしい。
それで死体を操る死霊術で自分を操るよう、ビデオメッセージでローゼンタールに頼んでた。

死霊術を使ってない

菱形はヒルミの診断を見誤っていた。
ヒルミは医者に口止めしてたらしい。
菱形はショックを受けて、診断書をまともに見なかった事を後悔。
ローゼンタールの死霊術は疑似魂魄を与えるだけで、腐敗を防げるだけ。
菱形は「ヒルミがヒルミのままじゃないとダメ」だと、死霊術を拒否。

菱形は棺桶(ロボット)にヒルミを乗せて、臓器の機能を肩代わりさせた。
すると、ヒルミの声が聞こえた。
死霊術はまだ使ってなかった。

そこに他の研究員が現れ、ヒルミを実験に使う事を喜んでた。
何となく、ヒルミの病気は仕組まれた物って直感が浮かんだ。
でも吐血は事実だけど……。

ヒルミは急に心停止してアラートが鳴った。
ヒルミは急にロボットを動かして菱形を気絶させた。
更に他の研究員も警備員も殴り殺したっぽい。
この辺から人が変わったように見える。

ヒルミはヒルミではなくトウコツだったらしい。
ヒルミに疑似魂魄の話をしたことはないのに、なぜか疑似魂魄の事を知ってたので根拠。
ローゼンタールの符は1枚なくなってた。
それがトウコツ。
要するにシャワールームの下りで、既にヒルミは死んでた?
そこをトウコツが憑依した?
トウコツはヒルミのふりをして菱形を操るつもりだった。

ヒルミことトウコツは、ローゼンタールに自ら手枷を装着させた。
そして、自分がどのタイミングで憑依したのか謎かけをした。
ヒルミが死ぬ前に符を使ったのなら、ヒルミは生きている。
ヒルミが死んでから符を使ったのなら、ヒルミは死んでる。
とは言え、符は死体しか操れないはずだったので、死んでる事になる。
この謎を解くためにローゼンタールはヒルミに付き添う事に決めた。
でも、ローゼンタールは答えはわかってるっぽい。
てか、装置に入った後で心停止してたのは、入ってから死んだってこと?
あるいは、ヒルミがトウコツに憑依されたふりしてるのかもしれない。

最後は第7話ラストと同じ。
ローゼンタールが短剣に魔力を込めて引き抜いた。
今までのはローゼンタールが回想してたらしい。

アンケートは「とても」が57.4%「まあまあ」が19.8%、計87.2%が「良かった」だった。
とある科学の一方通行第8話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)