とある科学の超電磁砲S一挙の感想

超電磁砲Sの一挙も見たので感想。
Sを見たのは6年前。
やっぱり内容はだいぶ忘れてた。

「とある科学の超電磁砲S」1~12話一挙放送


第1話はアバンで不良を電撃喰らわしてた。
Sもこういう始まりかとツッコまれてた。
美琴って不良のことをアリンコくらいに思ってんだよね。
唖然とする黒子に「どうしたの?」みたいな。

記憶を操る食蜂は何となく覚えてた。
でも、Sシリーズでは関係ないんだよね。
Tシリーズは食蜂が絡むエピソードらしい。

ヘリをテレポートで追う際に、
学園都市上空から地上を見下ろすシーン、
当時実際の地図を使っていたと話題になってたっけ。

EDのSister’s noiseも好評だった。
こっちの方が好きというコメントもあった。
Sって符号はシスターズの頭文字ってコメントで、初めて気づいたw

3期(超電磁砲T)の声優は7年経って声大丈夫かと言われてたけど、
Fateなんか10年以上経っても、まあ問題ない訳だし。
ただ、昔のアニメ(ディーン版)見ると「若い」ってわかるけど。


第2話は、マネーカード探しと美琴のクローンが登場。

黒子が美琴の不在を寮監の見回りで誤魔化すシーンで
「秘蔵のボイスコレクション」を使ってた。
盗聴って総ツッコミだったw

美琴は佐天に強引に誘われてマネーカード探しで半日潰してた。
美琴って意外に押しに弱いんだよね。

不良達はマネーカードをばらまく布束に集ってた。
学園都市の7割はLV0って設定は知らなかったな。
なので布束をLV0と判断するのは当然らしい。

布束は英語を唐突に差し挟む口調で
ルー語ってツッコまれてた。

布束は謎の能力で不良達を1人ずつ倒してた。
単に心理攻撃して錯覚させてるんだっけ。
でも不良達は能力と勘違いして動揺し、自滅……。


第3話は、シスターズ計画を美琴が知ってしまう話。

美琴のクローンがいるという計画が町中でウワサされてた。
情報漏れてて草とかツッコまれてたw
善解するのなら、誰かが意図的に流しているわけで……。
それはおそらく計画を止めたい布束じゃないかと……。

布束はいきなり美琴を「オリジナル」呼ばわり。
美琴のタメ口を許さずに回転キックしてたw
美琴はバトルシーンだと反射神経鋭いのに、
なんでここではモロに食らってんだろうw

佐天は春上にマネーカードを見せてたけど
春上が見つけたのは佐天の10倍はあった。
佐天すら引いてたのは、笑う。

黒子が美琴の熊のぬいぐるみに抱きついてクンカクンカしてたけど、
その時、美琴は悪寒が走ったってシーンは忘れてたので吹いたw
新井里美の本気とツッコまれてた。

美琴の侵入がバレそうになって、
警備ロボの物音と勘違いしてたけど、
警備ロボは「問題ない」と返答。
すぐ近くに美琴がいるのにw
まあ、電磁波を操ってるからロボには見えないんかな。

美琴が幼少期、遺伝子マップを採取されていた。
何でLV1の遺伝子をってツッコまれてた。
その頃はLV1だったけど、後にLV5になると予想されてたらしい。
この設定は知らなかったな。

シスターズ計画は凍結されてた。
スパコン人工衛星ツリーダイアグラムがまだ健在な時間軸だったっけ。


第4話は、日常回だけど最後に美琴がシスターズを見つけて動揺してしまう。

美琴はシスターズ計画が凍結されたことを知って、上機嫌。
黒子は偽物だと思って、下着の柄を言い当てたので、
いつものように電撃喰らってたw
この演技、好評だった。
JCに聞こえない声質だけど
こういう演技力で新井里美なんでしょうね。

美琴が家電店で炊飯器値切ってたけど、
CMに出る代わりに値切ったらしい。
原作コミックスも読んだけど、また読み返してみるか……。

グラビトンから助けた幼女に捕まってたけど
この幼女が竹達彩奈だったとは気付かなかった。
男児に「アバズレ短パン」って言われて怒ってたのは吹いたw

美琴がゲコ太のバッジをガチャるシーン
全然出ないので燃え尽きてたけど
廃課金とか爆死とかツッコまれてた。

最後に美琴と同じ電磁波を感知してた。
今までよく気付かなかったなとツッコまれてた。
設定上、前から計画を遂行してたはずなんだよね。


第5話は美琴がシスターズに振り回される話。
シスターズから情報を聞き出そうとして、
茶店で奢ったり、ゲコ太のバッジを取られてたりしてた。
シスターズは終始かわいいとツッコまれてた。
バッジは「お子様センス」と貶されてたけど、
シスターズに取っては美琴から貰った事を嬉しく思っていた。

美琴はシスターズが言ってたパスを正確に覚えていた。
初春はセキュリティAランクのパスに似てると指摘。
これだけで美琴はヒントをつかんだらしい。
両方ともすげえとツッコまれてた。
LV5は脳の演算能力が高いので、必然的に頭もいいらしい。

後半はシスターズと一方通行の殺し合いで、
足をもぎ取るレベルと、コンテナで圧死するというグロいもの。
13歳以上には厳しいとツッコまれてた。
アニメだとこの手のシーンは真っ暗でよく見えない……。

美琴が突き止めたのは量産計画の中止だけ。
こっちはLV6シフト計画で別の計画。
2万体のクローンを殺してLV6になるという予測がある。
……のは建前で、実は一方通行の心を潰すのが狙いだったらしい。


第6話は美琴VS一方通行。
美琴の攻撃は全然通じてなかった。
同じLV5なのにとツッコまれてたけど、
ベクトル操作なんで、物理系能力者だと相性悪すぎるんだよね。
記憶操作の食蜂なら余裕で勝てるだろうけど。

美琴の全力の超電磁砲すら、あっさり反射されてた。
外してあげる優しさとツッコまれてたw
美琴は明らかに一方通行を殺すつもりだったんだよね。
一方通行は、たぶん遊びのつもり。

布束が美琴と遭遇して貶してたけど、
布束もLV6シフト計画を邪魔してんだよね。
全然、効いてなかったけど……。

美琴は佐天達にも黒子にすら何も事情を言わず、
一人で抱えて計画をぶっ壊す算段を立ててた。
で、EDに入るんで、ここから美琴の反撃って印象の引きになってた。
でも実際には、事を終わらせるのは上条。


第7話は、美琴が改めて単独でシスターズ計画を探る。
一方、黒子も美琴のピンチを察してたけど、
美琴は何も教えてくれなかった。
なので、何かを捜すように街をうろついてた。
と言うか、ジャッジメントの定期パトロールかな。
今回は黒子が主役の日常回となった。

美琴が帰宅して寝てるのを見た黒子が、
いつものように添い寝せずに毛布掛けてた。
綺麗な黒子とツッコまれてた。
それは美琴の苦悩の寝顔を見てたから……。
黒子のテレポート能力はかなり役立つはずなんだよね。
違法な事をしなきゃいけないので、
黒子を巻き込みたくないのだろうけど。
とは言え、黒子なら美琴の為に違法なことでもやった可能性は高いんだよね。

この頃の美琴は、何でも1人で解決しようとしてたんだよね。
主役が1人で突っ走って失敗して、
友人の協力を得てピンチを脱するみたいなの、
ジュブナイルの定番のネタですね。


第8話は、麦野率いるアイテム視点のエピソード。
麦野は、顔芸なんかしなさそうな美人とかツッコまれてたw
確実にわかってるコメントですね。

今回は主にフレンダVS美琴。
爆弾仕込んで導火線で爆破する能力と電撃なので
アニメにすると映えると好評だった。

フレンダは美琴がLV5とは気付いてなかった。
頭がLV0ってツッコまれてたw

フレンダの嘘にハマってボコられてた時、
シスターズをバカにするのを否定して上条みたいに説教してたけど
美琴って上条と似てるんだよね。

フレンダはうっかり起爆用の点火具を落として発火させてしまい、
室内のガスは全く引火しなかった。
これで嘘がバレたけど、フレンダがLV0ってこういうとこなんだよね。


第9話もアイテム視点のエピソード。
麦野がビーム放ってフレンダを助けてた。
能力はメルトダウナーで、ビームとは原子崩壊の光。
分が悪い美琴は施設破壊を優先すべく逃走って話。

滝壺が飲んだ錠剤をフリスクとかミンティアとツッコまれてた。
寿命を縮める代わりに能力を上げるんだっけ。

一方、布束もデバイスを持って出かけた。
美琴が「自分の手で片をつける」と宣言したことが布束にも影響していた。
……とは言え、あっさりバレてんだよね。
完全に拘束される前にプログラムをインストールしたけど、
セキュリティに阻まれて不発に終わった。
でも、ラストオーダーには通じていたらしい。

麦野はフレンダに疲弊した滝壺を連れて逃げるよう指示。
優しいって言われてたけど、
後日ぶち切れてフレンダ真っ二つにするんだよね……。
ただ、それはTの範囲ではないはず。
もっと後の話のはずで、禁書目録3期で描かれていた。


第10話は麦野VS美琴の結末回。
フレンダが人形や導火線を回収せずに離脱したのが麦野の敗北打。

人形に金属入れてるのを失念してたせいで、
麦野は人形の直撃を食らって気絶したw
このシーン忘れてたので吹いたw

設備破壊後に麦野はもう目覚めてた。
美琴は手持ちの人形がないので逃走した。

麦野はフレンダに「お・し・お・き・か・く・て・い」と伝えた。
フレンダは「だうー」とかギャグリアクションだった。
この頃はまだ、後日殺されるとか全然予想できない雰囲気なんだよね。

床を破壊して麦野が転落して死んだと思いきや、下層からビームを乱射してた。
「生きてたw」とか「オバサンはしつこい」とかツッコまれてた。

最後、麦野がシスターズ計画を知って何かに気付いた。
ここ、何に気付いたのか忘れた……。
美琴が一方通行とぶつかる事が予想できたんで、放置したんだっけ。

翌日の美琴は本当に終わったのか半信半疑。
最後は、自販機に2000円札を飲まれた上条と遭遇してた。
既に記憶喪失だっけ。


第11話は、美琴と上条の出会いの回想から。
1期でも同じ自販機で出会うシーンがあったんだよね。

上条が2000円飲まれたと知って、
美琴は嬉しそうに笑ってたw
そのせいか思わず、前に1万円飲まれたと漏らしてた。
美琴は上条より酷いマヌケだったりするんだよね。

美琴とベンチに座ってた上条を見て、
黒子は上条を類人猿呼ばわりしてたw
美琴が照れつつも全力で怒ってたので、
黒子は彼氏ではないと判断してたけど。

そこにシスターズが現れて美琴は動揺してた。
計画はぶっ潰して終わったはずなんだよね。
上条視点ではただの姉妹喧嘩で、キョトンとしていた。
美琴はシスターズの声を聞いてトラウマが蘇り、
その声で姿で私の前に現れないでと怒ってしまった。

美琴は学園都市の闇に気付いてた。
シスターズ計画を学園都市上層部が知らないはずがないから。
敵が学園都市そのものなので、
美琴は弱気になって黒子に学園都市に反旗を翻すことを聞いてた。


第12話は、幼女美琴から。
かわいいとかきゃわたんと弾幕になっていた。
壊れたぬいぐるみを、母親が直していたという回想。
シスターズ計画も目覚めたらなくなればいいのにと弱気になってた。

黒子が寝起きの美琴の胸にほおずりしてたけど、美琴は怒らなかった。
11話直後なので、さっきまでのカッコイイ黒子が台無しとツッコまれてた。

美琴はツリーダイアグラム計画の破壊を決意してた。
演算結果を改竄してシスターズ計画を無価値と錯覚させようと。
ところがツリーダイアグラムは既に破壊されていた。
誰のせいだろうと乗っかったコメントになってた。
上条が破壊してんだよね。
正確には上条が解呪したインデックスが破壊したのだけど、
その時の羽毛に触れたせいで上条は記憶を失った。

アンケートは「とても」が91.4%「まあまあ」が5.9%、計97.3%が「良かった」だった。
とある科学の超電磁砲S一挙1~12話アンケート


「とある科学の超電磁砲S」13~24話一挙放送

第13話は、上条が主役。
美琴は隠密行動はしなくなり、白昼堂々と施設に乗り込んでた。
テロリストってツッコまれてた。
とは言え、美琴の精神はもう追い詰められていた。
脳内にシスターズの幻聴が聞こえて、怒鳴り散らすほど。
施設のモニターでシスターズを血流操作で爆裂させるシーンをモロに見てたし。

一方通行がシスターズ第1号を殺す回想で、
殺すところまでさせたのは、一方通行の心を壊す為らしい。
当初、一方通行は暴力は振るっても殺すとこまでは躊躇してんだよね。

上条は死んだシスターズを見つけて動揺してた。
救急隊を呼んだけど、いつの間にか死体はなくなってた。
それはシスターズが処理済みだったから。
人払いが済んで、シスターズは真相を教えてた。
ここで上条に教えるのもアレイスターの手の内っぽいんだよね。

一方、美琴は一方通行が自分を128回殺害すればLV6になると気付いた。
……つまり、自分が死ねば計画は止まると気付いた。


第14話は、上条と美琴の夫婦喧嘩回w

アバンは黒子が美琴の枕の匂いを嗅いでトリップしていたw
そこに上条が美琴の部屋にインターフォンを繋いでた。
上条は美琴が隠していたシスターズ計画の資料を発見してしまう。

真相を知った上条は美琴を止めようとした。
夫婦喧嘩ってツッコまれてた。
実際、禁書目録の先の展開ではマジで結婚してるんだっけ。
ただ、そこまではアニメ化はされてないけど。

結末知ってるので、何の為の喧嘩だと思ってしまう。
どうせ上条が素手で一方通行を殴って終わらせるんだよねえ……。

美琴の最大出力らしい電撃喰らって、上条は気絶した。
でも、猫は平気でニャンニャン鳴いてた。
猫最強ってツッコまれてたw
電磁波に敏感という設定ではあるけど……。

目覚めた上条は、LV0の俺に負けたら学園最強という前提が崩れると言い出した。
最初からそれを言えよ、と思ってしまう。
そうすりゃ無駄に体力消耗しなかったし。


第15話は、上条VS一方通行回。

アバンの上条は美琴の電撃のダメージが足に来ていた。
やっぱり、無駄な夫婦喧嘩をしていた。

上条VS一方通行は、一方通行の舐めプが続いていた。
ベクトル操作で遠隔攻撃してれば、容易に上条に勝てた。
でもLV0と気付いて直接殴ろうとしたのが運の尽き。
元より、一方通行は肉弾戦はほぼ経験が無いんだよね。
喧嘩には弱いとツッコまれてた。

追い込まれた一方通行は、空気を操る方法を思いついた。
空気の摩擦からプラズマ塊を作ってた。
元気玉ってツッコまれてた。
この能力、後の黒い翼に繋がるんだっけ。
一方通行の覚醒もアレイスターの計画の内だろうね。

遅れて来た美琴は、シスターズに頼んで学園中の風車を逆回転させた。
風車は風を吸い込んでプラズマ塊は消えた。
風車の逆回転で空気が拡散してるって、
一方通行はすぐに気付いてた。
この解析能力が一方通行の本質らしい。


第16話は、上条VS一方通行の結末回。

一方通行は立ち上がった上条に近接戦闘を挑んでしまった。
さっき飛ばされただろwとか、近寄っちゃダメとツッコまれてた。
案の定、上条のカウンターパンチが決まって一方通行は倒れた。

美琴は上条の見舞に来てた。
市販のクッキーを渡そうとしてたけど、
上条は手作りクッキーを要求した。
美琴はぶち切れて電撃で脅してた。
私にどんなキャラ期待してんのよと怒ってたけど、後日作るんだよねw

シスターズの実験は中止になっていた。
一方通行と上条を接触させて覚醒させるのが裏の意図らしい。
なので、これ以上の実験は不要と……。

シスターズはブランコで立ちこぎしてた。
美琴は負い目を感じてたようだったけど、
シスターズは「妹の為に命を投げ出そうとした困った姉です」と話してた。
これで美琴はシスターズへの負い目がなくなった様子。

美琴はクッキーを持ってこうとしてたけど、
渡すシーンを想像してツンデレみたいなイメトレしてたw
かわいいと総ツッコミだったw

早期退院した上条に出会って「ありが……」と礼を言おうとしてた。
上条は足下の蟻を観察してると勘違いw
このネタ忘れてたw
上条は「じゃあな御坂」と名前を呼んで去った。
黒子曰く、美琴は「見た事ない顔」になってたらしい。
最終回ってツッコまれてた。


第17話は「勉強会」の日常回。

第17話以降はアニオリらしい。
アニオリはやり過ぎとか否定的なコメントが多かった。

第16話で美琴が作ったクッキーは佐天に教わってたと回想でわかる。

美琴はゲコ太医師と会って、シスターズの話を聞いてた。
シスターズの寿命は1~2年と聞いて動揺してた。
ただし、ある程度は寿命を回復できると。

美琴は待ち合わせのファミレスで麦野達と会ってしまった。
そこに黒子も来て、フレンダと口論してた。
そしてお互いに、麦野と美琴の胸をつかんで勝負してたw
やり過ぎってのはこの辺?
そのせいで麦野はこのファミレスに行けなくなったという設定らしい。
美琴達はこの後でも同じフェミレスに来てるはずで、出禁ってわけではないですね。

最後にいつもの面子で鍋食ってた。
これが「勉強会」だった。


第18話は、アイテム達がとある取引を阻止する依頼をしていた。
これが劇場版に繋がるらしい。

枝先の病院で、美琴は「さっきの人」にクッキー渡したと、佐天に勘ぐられてた。
明らかに動揺してたので、かわいいとツッコまれてた。

枝先が回復したので、春上は枝先と一緒に住むことになった。
初春はその引っ越しの手伝いをしてたらしい。

婚后はひったくりを能力で捕まえてた。
その口上が「お天道様が許しても婚后光子は許さない」と時代がかってたんで、
桃太郎侍とか時代劇かとツッコまれてた。
それを見てた通りすがりの男が、能力を過信してると批判。
往来でクソリプとツッコまれてたw

初春と黒子はジャッジメントの仕事で出動した。
春上の退院パーティには後で行くと告げて出動した。
初春がパーティの準備をやってたらしい。
佐天すら初春がそこまでやってたとは気付いてなかった。
春上は初春にしてくれたように、
今度は枝先に同じことをすると佐天に話してた。

初春は鯛焼きを買ってた。
受け取った春上は泣いてた。
前に春上が不安だった頃、
初春が買ってきたのが鯛焼きだったらしい。
これで初春も泣いてた。
本当は泣かないと決めていたのにと。
転校するわけじゃないのにとツッコまれてた。
だからこそ、2人の生活は気が合うものだったんだろうなと思う。

最後は公園でフェブリという金髪の幼女を発見。


第19話は、フェブリが主役。
フェブリはなぜか美琴の名前を知ってて警戒してた。
美琴がピンクゲコ太を使ってあやそうとすると、
フェブリはピンクゲコ太を奪って逃げた。
ピンクゲコ太はレアな指人形だったので、
美琴は怒って追っかけたけど、フェブリは佐天の背後に隠れた。
初春に、怖い人を見分けていると何気に言われて傷ついていたw
フェブリって身勝手すぎるんで、嫌いなんだよね……。

フェブリは佐天が預かってた。
佐天も初春もフェブリに好かれてた。

フェブリに嫌われて落ち込んでいた美琴を励まそうと
黒子は指をくわえて「バブ……」と上目遣いで呟いたけど、
イラッときた美琴の電撃喰らってたw

フェブリが舐めてたペロペロは激マズらしい。
これって薬だっけ……。

一方、謎の組織がフェブリを発見。
婚后に絡んでた往来クソリプ男だった。
学究会会場にフェブリを探しに来たらしい。

フェブリは初春も婚后も普通に慣れていた。
その様子に美琴はショックを受けていたw
佐天は気を効かせて、美琴にフェブリを預けて「学究会」に行った。
フェブリは明らかに嫌そうだった。

フェブリはいつの間にか美琴から離れてた。
美琴が10秒くらい目を離しただけ。
子どもってほんとすぐにいなくなるとツッコまれてた。
そしてゲコ太の着ぐるみを後を付けてた。
すると着ぐるみは顔を脱いで涼んでいた。
フェブリは顔面が外れた姿を見て衝撃を受けていたw
夢が壊れたとか見てはいけないとか総ツッコミだった。

フェブリは暴走した警備ロボに襲われてたけど、美琴が電撃で助けてた。
フェブリは美琴に駆け寄った。
……と思いきや、その背後の佐天に駆け寄ったw


第20話もフェブリ回の続き。

フェブリはピンクゲコ太を「フェブリの」と言い張ってた。
美琴は他のゲコ太と交換するよう持ちかけたけど、フェブリはガン無視。
やれよwとツッコまれてた。

そこに婚后が通りかかって、フェブリは婚后に抱きついてありがとうと言ってた。
婚后もフェブリのかわいさに悶えていた。
あざといってツッコまれてたけど、
私はこういうあざとさが嫌いなんだよね……。

美琴達が学究会から帰ると、
なぜかあちこち通行止めになっていた。
誘導された場所は倉庫で、
土木用っぽいパワードスーツが現れて美琴を襲った。
パワードスーツに電撃喰らわせてもなぜか通じなかった。
操縦者がいると思ってたので手加減したらしい。
ところが、ロボットは急に動かなくなった。
そして婚后が瓦礫をぶん投げてロボットを破壊。
コクピットは無人だった。

そこでフェブリは倒れて手術となった。
しかし、もっと大きな病院じゃないとわからないと、ゲコ太医師がいる病院に移った。
ここでもすぐに手術は終わった。ざ
ゲコ太医師はフェブリを人造人間と指摘した。
なので、治せないらしい。
わかる時点で有能とツッコまれてた。


第21話は、
フェブリの体は自然界には存在しないタンパク質でできているらしい。

フェブリはペロペロキャンディを舐めて、
新陳代謝で生まれる毒物を解毒していた。

御坂妹が美琴を待ってた。
御坂妹は深夜に病室に侵入してフェブリに会ってた。
するとフェブリにも姉がいると言ってたらしい。
御坂妹曰く、フェブリはテスタメントで知識を得たと察してた。
また、御坂妹のテスタメントを実施した人物が関わっているとも。
つまりそれは、布束だった。

フェブリを案じていた婚后は美琴に電話をしてたけど、
楽しい事も怖い事も分かち合うのが本当のお友達と話した。
美琴はこれ以降、1人で背負い込まないで黒子達に事情を話す事に変えた。
黒子と初春と佐天は、美琴が言い終わる前に対策を話し始めた。
美琴はその様子を見て、安堵していた。
初春と黒子については、日頃から犯罪対策を話してるんだろうなって感じですね。
佐天もジャッジメント支部に遊びに行ってるし、
初春と黒子のそういう姿を見慣れてそう。

固法はジャッジメント支部でフェブリの面倒を見てた。
子守先輩ってツッコまれてた。

アンチスキルの黄泉坂から、パワードスーツのコクピットに落ちてたパーツを貰ってた。
他の証拠品はすぐに警察が回収したらしい。
対応が早いので、何か暗部が関わっている様子だった。

ゲコ太医師はパーツに入ってた髪の毛は見つけてた。
ただしフェブリとは異なる個体らしい。
また、フェブリの寿命は72時間と指摘。
キャンディの残りがそれくらいらしい。
美琴は製造者を捜すと決めた。
ゲコ太医師は学園の暗部をよく知る者に聞くよう勧めた。
それは独房のテレスティーナだった。


第22話は、黒幕がLV0のクソリプ男と判明。
テレスティーナはフェブリの事を教えなかった。
……と思いきや「ケミカロイド」と教えた。
それは自分のマーブルチョコを美琴が食ったから。
「連中」はアピールする為にフェブリを作ったらしい。
美琴はそんなことの為にと言ってしまう。
テレスティーナはLV5様の発想と嫌みを言ってた。
しかしこれは、ヒントになってるんだよね。
LV0の一味と言ってるも同然。
その上で生化学的な知識が豊富。
となると絞り込める。

一方、婚后がクソリプ男を覚えてた。
有富という男で、学究会の上位優勝常連だった。
しかし今回の学究会には出場してなかった。
同様に、上位常連者が多数参加していなかった。

美琴はスタディコーポレーションの工場を調べてた。
なぜかアイテム達もいた。
滝壺は美琴の接近に気付いていたけど、教えなかった。
アイテム達がいなくなった後、美琴が工場に入ると布束がいた。
布束はフェブリの中和剤のデータを渡してた。
フェブリに美琴の名前を教えたのは布束だった。
……と思いきや、有富が現れてそれはダミーと断言した。
有富は本物のレシピと引き替えに、
美琴を麻痺させるよう布束に命じた。
布束は言いなりに美琴を麻痺させた。
この距離なら奪えるんじゃ?と思わなくはない。

有富はレシピデータを踏んで破壊した。
曰くフェブリはスピアで、本命はジャーニーと。
わざわざ教えてくれるとツッコまれてた。


第23話は、有富がテロを計画しているとわかる話。
有富はケミカロイド計画をわざわざ話し始めた。
何でも話してくれるとツッコまれてた。
ただ、フェブリの能力は教えなかった。
明日になればわかると、有富はドヤってた。

美琴が目覚めるとどこかの部屋のストレッチャーで寝てた。
布束はアイテムに捕まって、スタディに売られたらしい。
テスタメントで双子のケミカロイドの洗脳を担当してた。

その時、黒子達が工場に特攻してた。
美琴は時間内に戻らなかったら、助けるよう頼んでた。
美琴は脱出したものの、布束は残った。
理由の1つは今更暗部から抜けるのは死を意味する事と、
もう1つはジャーニーの行方をつかめなくなるから。

美琴が布束から聞いたのは、
有富達はテロを画策しているらしい。
警備用という名目でスタディコーポレーションの工場のパワードスーツが会場に納品されていた。
婚后も父親の会社経由で同じ情報をつかんでたけど、
初春もネットから同じ情報を突き止めた。
「その数、2万体」と初春は婚后の台詞を食ってたw

黄泉川に伝えても、アンチスキルは動けないらしい。
と言うか、黄泉川は謹慎処分になっていた。
なので、ジャッジメントが動く事になった。


第24話は、結末回。

超電磁砲Sも全話見たはずだけど、
第24話の感想記事が抜けてるので、
感想とあらすじを交えて書いとくことにした。

ジャッジメントも、婚后も、佐天も集まってた。
佐天は金属バットでパワードスーツを倒してた。
どういう能力だw
1人だけスゴイのがいるとツッコまれてた。

美琴はフェブリを連れてジャーニーがいる野球所へ来てた。
有富はメルトダウナーを模倣する兵器を使ってた。
量産型おばさんとツッコまれてた。

その頃、黄泉川と万里と春上も来ていた。
婚后の会社のロボットを持ってきたらしい。
そして初春と佐天は婚后のロボットに乗り込んでた。
ガンダムとかロボアニメってツッコまれてた。
佐天はマニュアル読んだだけで初見でロボットを動かした。

一方、野球場に麦野が現れて量産型メルトダウナーを破壊してた。
本物おばさん来たとツッコまれてた。
麦野は都合良くデータ取られた事を怒ってた。
今までの依頼は全て麦野のデータを取る為のフェイクだったらしい。
美琴はその隙に逃げた。
フェブリに「ああいうのと目を合せちゃダメ」と教えていたw

追い込まれた有富はジャーニーを暴走させた。
すると全てのパワードスーツが機能停止した。
そして有富は、自分のこめかみにハンドガンを当てた。
美琴は電撃で超加速してその手を押しのけて、自殺を止めた。
これができるなら、麻痺させられた時に同じ事をやればいいのにw

美琴は有富を説教し始めた。
話術サイドとか、旦那の話術ってツッコまれてた。

有富が放ったミサイルで学園都市上空にフィラメントをばらまく。
そしてAIM拡散力場の連鎖崩壊を起こす
ここで宇宙エレベータのエンデュミオンが突然描写されてた。
これがエンデュミオンに繋がる話?
学園都市上空にばらまくのに、
高度3万メートルまで上昇する必要は無いような……。

美琴と黒子は婚后のロボットで大気上層まで飛んだ。
そして携帯取り出して、メールの着信を確認してた。
空気どうなってんのとか、電波届いてんのとツッコまれてた。
そして美琴は超電磁砲をぶっ放して、ミサイルを吹っ飛ばした。
超電磁砲の射程距離50メートルだっけ。

落下する美琴を黒子が支えてた。
大気圏突入とツッコまれてたけど、
さすがに大気圏外までは飛んでないでしょ……。
テレポートで戻ればいいし。

最後はフェブリとジャーニーが布束と共に海外の研究機関へ旅立った。
布束達の記録が改竄され、暗部から追われることは無くなったらしい。
その上、一部関係者の記憶も改竄されていた。
それは美琴が食蜂に頼んだらしい。

アンケートは「とても」が93.1%「まあまあ」が4.2%、計97.3%が「良かった」だった。
とある科学の超電磁砲S一挙13~24話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)