とある科学の超電磁砲T第21話「ドッペルゲンガー」魂の分裂

とある科学の超電磁砲T第21話「ドッペルゲンガー」は、
原作第12巻84話~87話まで。
一気に4話分だけどダイジェストではなく、原作どおりだった。

どうせ暇してるので付き合え

美琴が幼女の加菜と会ってた。
竹達wとか人妻幼女とか亜細亜実とかツッコまれてた。
バスターミナルに一緒に行きたいと言って、
「どうせ暇してるので付き合えって」と横柄に誘ってた。
言い方ァってツッコまれてた。
(宇崎ちゃんは遊びたいのネタ)
この時点ですでに食蜂に操られてるはず。
でも瞳は椎茸じゃない。

加菜は美琴の大覇星祭を見てたと話した。
美琴を脳筋呼ばわりしてた。
それとカード屋がいた場所でバストアッパーの話をしてた。
買うのはコンプレックスある貧相な人と貶してた。
短気でファンシーグッズ好きと追い打ちかけて、食蜂だとバレた。
洗脳が解けた加菜は「あ、美琴お姉ちゃんだ」と言ってるんで、
美琴に会った時点から洗脳済みですね。
ただ、その時点では目がしいたけになってないので、違うかも。
食蜂が洗脳解除のついでに記憶操作って解釈もある。

食蜂は更に、必死に取り合ってたのにカードに効き目がないとか
都市伝説に頼るくらい思い詰めてたとか、からかった。
……ので、切れた美琴は思わず食蜂の胸を鷲づかみにした。
……そのせいで絶望してたw
食蜂の胸の重量が想像以上だったらしい。

ここまでの数分で84話分、終わり。
カットは無く、原作どおり。

OPでフレンダがまだ出てたので、この世にいない人が……とツッコまれてた。

繰歯がカードを広めた理由

OP後は、黒子達が学園内部の機密情報が漏れてるのを話し合ってた。
流出元はインディアンポーカー。
常盤台の子の夢に登場した情報が機密情報だったらしい。
元になった玩具は既に回収されてた。
しかし別の玩具で容易に再現できるらしい。
その製作者を突き止めるのは困難だった。

……と思いきや、食蜂のエージェントはあっさり繰歯涼子を突き止めてた。
食蜂が洗脳して遠隔通信代わりにJKと会話してた。
食蜂の真似うまいとツッコまれてた。
(この子自体)かわいいと弾幕になってた。
食蜂は人の夢を操る理論に覚えがあった。
エージェントは繰歯がクローンドリー出身だと突き止めてた。
(食蜂がいた研究所)
エージェントは繰歯のいる研究所をも突き止めてた。
しかしそれは本当に繰歯かと疑ってた。

美琴との取引

……という話を食蜂は美琴にもしてた。
……のに、美琴は食蜂のおっぱいに絶望し続けていたw
おっぱいの感触を反芻しつつ、食蜂のおっぱいを褒めてたw
おっぱいソムリエとか食レポかwとツッコまれてた。
……ので、食蜂はバッグで美琴を殴った。
「痛ぁ……」程度の反応なんで、加減して殴ってますね。
原作だと「痛ぁ!?」なので、強めに殴ってる。

美琴はカバンのチェーンで谷間が強調されてるだけと現実逃避してたw
食蜂は「御坂さんって、こんなにおバカだったかしら」と思ってた。
はいとか、おバカですとツッコまれてた。

繰歯はサイボーグ実験してた。
全身を二つに分けて、もう1人の繰歯を作った
2人の繰歯は別々に生活して1年後に1つに戻った。
ただし、この実験で魂の合成が真の目的だった。
ゴーストがささやくとツッコまれてた。
2人に別れた繰歯は魂が分裂して2つになり、
元の1人になったときに、増えた魂は機械の方に残る。
……と研究者は考えたらしい。
美琴はさすがにオカルトすぎて食蜂を冷ややかに見てた。

食蜂は美琴に研究施設を調べて欲しいらしい。
理由はもし有用性があれば、新たな被験体が必要になるから。
それにはチャイルドエラーかクローンが使われる
……と聞いて、美琴は思わず周囲に電気をお漏らししてた。
食蜂の髪の毛は電気のせいで寝癖みたいに跳ねてた。
当然シスターズ(クローン)が狙われるので、美琴は警戒したわけですね。
食蜂は美琴に、シスターズが普通に生きていく為に、
自分の心理操作や人脈が使えるとアピールした。
美琴はその取引に乗った。

美琴が去ると、そこに警策の水銀人形が現れた。
今の話を聞いてたらしい。
美琴は犠牲者が出るかもってだけでも動く
食蜂はシスターズの為なら初めから協力するつもりらしい。
わざと取引を演出したのをツンデレとからかってた。
警策曰く、美琴のシスターズへの気持ちを確認したかった……らしい。
そしてカイツ(食蜂のエージェント)が繰歯の情報を掴んだことを伝達した。

サイボーグだと気付いた

美琴は寮を抜け出そうとしてた。
このシーンはオリ要素。
黒子は男と会うつもりと疑ってた。
美琴は何かあったら黒子に連絡すると言って窓から出た。
その一言で黒子は納得してた。
チョロいってツッコまれてた。

後半は繰場の身体検査が終わったシーンから。
研究者曰く、重要な実験なので慎重に検査してる……らしい。
繰歯は缶詰生活に飽きてた。
自室に戻るとき、意味ありげにメイドとすれ違ってた。
このメイドが何を意味するかは不明……。
原作でもドッペルゲンガー編の最後まで謎のまま。

繰歯は母の形見のコップを落として割った。
その破片で指を怪我した。
そのとき、実験以前の記憶がないと気付いた。
そして、指に巻いた包帯を外してた。
その手は機械の手だった。
というか、全身が機械になってると気付いた。
この繰歯はサイボーグの方の繰歯だった。
包帯を巻いたと思い込んでたのは、ただのテープ。
救急箱はただの工具入れだった。
今まで気付かなかったのはなぜなのか……。
それともこの時に初めてサイボーグを起動したのか……。
こんな簡単に自分はサイボーグとわかってしまうのに、なぜ起動したのか……。

その頃、ちょうど美琴が壁を登ってた。
繰歯サイボーグがビルから飛び降りて、美琴と目が合ってた。
美琴は電撃で垂れ幕を操って繰歯を支えた。
しかし繰歯の重量は100kg以上はあったらしい。
着地したはずがもういなくなってた。

繰歯サイボーグはDNAマップ解析ラボの廃墟にいた。
そこにはスキルアウトがいた。
原作だと適当な顔写真つけてインディアンポーカーを売ってるとダベってる。
繰歯をサイボーグと気付かず絡んでしまい、機械の顔に気付いた。
描かれてないけど、連中はたぶん殺されたか、追い払われた。

本物の繰歯

美琴は本物の繰歯の自宅に向かってた。
食蜂が管理会社の者を操って繰歯にドアを開けさせた。
そこには監視カメラに写ってない美琴もいた。
繰歯はどう見ても戦闘型でないので、あっさり捕まった。

繰歯は繰歯サイボーグ=ドッペルゲンガーを知ってた。
実験後に、モニター越しに見せられたらしい。
繰歯が「あれ」の危険性を訴えても無視された。
食蜂(に操られた管理人)はただの医療用機械がなぜ危険なのか聞いてた。
これの返答は次の回。

最後はドッペルゲンガーが人工皮膚をまとってた。
この為にDNAマップ解析ラボに来たらしい。
スカベンジャーがそこを第20学区の廃施設と突き止めてた。
統括理事会の直々の仕事を失敗して、あとが無いらしい。
(とある一方通行のエピソード)
上司から指示が入るのはオリ要素。

アンケートは「とても」が90.8%「まあまあ」が6.5%、計97.3%が「良かった」だった。
とある科学の超電磁砲T第21話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)