OVA極黒のブリュンヒルデ第11.5話「から騒ぎ」の感想

極黒のブリュンヒルデBDの北米版を買って、OVA第11.5話を見たので感想。
ただの視聴者サービスというか、ギャグ回だった。


極黒のブリュンヒルデBD
物語は、初菜が良太を試して鉄塔から良太が転落した直後、
初菜が良太とキスして騒ぎになる辺りから始まる。

そして、初菜みたいに積極的に迫らないとダメだと気づいたカズミが、
誰が良太の嫁になれるかを競うという、原作には無いオリジナルエピソードになる。

佳奈が天文台が崩れて皆が瓦礫の下敷きになる予知を見るけど、
カズミはそれを「勝負を止めさせようとしてるだけ」と相手にしない。
寧子まで佳奈の予知を真剣に聞こうとしないのはちょっと不思議……。

初菜が良太の背中をマッサージして粉をかけ始めるのは原作と同じだけど、
背中に初菜の股間が当たって気になるとかはオリ要素w
それから良太を仰向けにして、騎乗位みたいな姿勢でマッサージするのもオリ要素だけど、
ここで小鳥が転移で初菜と入れ替わり、巨乳で顔面を塞がれて良太は窒息w
これはカズミの指示だけど、なぜかカズミは小鳥をライバル視してない。
カズミは良太は巨乳好きと知ってるのだから、小鳥もやばいと警戒しても良さそうだけど。

あと、裸エプロンで料理勝負するのもあった。
カズミはネットの履歴から良太の性癖を把握してるわけで、そういう性癖らしいw
ただ、なぜか全員分のエプロンをカズミが用意してたのはどうかと。
元住んでた廃村にあったんですかね。

最後は寧子が勝負に負けそうになって、なぜかもう良太に会えなくなると勘違いし、
例の破壊魔法が大暴走して、天文台を破壊してしまう。
この時、カズミが身を挺して良太と寧子を突き飛ばして、自分は瓦礫の下敷きに。
……ってところで、なぜか良太とカズミがキスしてる場面に飛ぶ。
これはカズミが良太と斜面を転げ落ちて、アクシデントでキスしたシーン。
つまりカズミは転げ落ちた際に意識を失って、夢を見てたという夢オチで終り。

本編を補完する内容だったら良かったのだけどねえ……。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)