はたらく細胞第11話「熱中症」何もできなかった細胞達

はたらく細胞第11話「熱中症」は、体の主が熱中症になるエピソード。
1ヶ月位前だったらタイムリーだったね。
まあ逆に不謹慎と言われていたかもしれないけど。

今回、能登ママとか言われてたw
と言うのは能登麻美子の結婚報道があったから。

冒頭から体内が徐々に乾燥していた。

白血球は緑膿菌を追って排除。
そこでもう妙に汗を掻いていた。
今回はなぜか好中球も熱中症になる展開だった。
これはどうも免疫力低下を描いてたらしい。

汗腺からの汗は出続けていたが体温低下にはならなかった。
血管を拡張して血流増加で放熱も試みた。
体温が上がると顔が赤くなるのはこの為らしい。
あと血小板も暑がって麦茶を飲もうと背伸びして「かわいい」と弾幕が出てたw

そしてついにはブラックアウト(立ちくらみ)。
体内も停電が起きたように暗くなってたけど、これは体内の機能低下を表わすらしい。
更には失神し、熱中症になった。
熱中症にはスケールがあって、立ちくらみの時点でレベル1らしい。

細胞達が、特に好中球がグロッキーになっているときにセレウス菌が侵入。
セレウス菌は熱耐性菌で熱中症程度の熱では平気らしい。
本来は土壌の細菌らしいので、どうも宿主が屋外で倒れたみたい。
その際に怪我したのかも。
辺りは暗闇でしかも細菌の動きも鈍り、セレウス菌排除はできなかった。
セレウス菌はフリーザ様の声が良かったとも言われてた。
音声加工込みだろうけど、北斗の拳のレイ(塩沢兼人)っぽい声質だった。

汗腺をコントロールしている隊長は、なぜか雨乞いを始めた。
何かの身体機能の比喩かと思ったw
単に狂ってたらしいw
まあ体温調節機能が狂うって事だろうね。

その時、天空から注射針が差し込まれた。
そして輸液注射がなされた。
どうやら宿主が救急搬送されたらしいw
それで身体機能は急速回復。
さすがに現実にはこんなすぐに回復しないw
それで復活した好中球がセレウス菌を滅殺してお終い。
こういうショボい死に方なのでフリーザ様だと役不足だった気がする。

最後はみんなが脇の下に来て涼んでいた。
実際、放熱しやすい部位なんだよね。
熱中症は細胞達にはどうしようもなかったという結末。

次回は出血性ショック前編。
宿主死亡エンド?と言われてた。
大怪我したってネタかな。

アンケートは「とても」が91.2%「まあまあ」が5.2%、計96.4%が「良かった」だった。
はたらく細胞第11話アンケート
血小板の出番が多いと評価が上がるw

“はたらく細胞第11話「熱中症」何もできなかった細胞達” への3件のフィードバック

  1. はたらく細胞 BS11(9/15)#11

    第11話 熱中症体温調節のために皮膚の近くに血液を多く流す。皮膚が干からびて酷い暑さ。 体内の水分が減少している。今日も雑菌を排除する好中球。 放熱のため移動する赤血…

  2. はたらく細胞【第11話 熱中症】感想

    ☆第11話 熱中症  今年の夏は暑かったです。 この話は原作を期間限定ですが無料で公開されていたので、読んだよ〜という方も多いかな?と思います。 体温調節って、体内ではこんな…

  3. 体温調節システムを維持せよ

    これ、真夏にやれば良かったのに^^;

    『はたらく細胞』 第11話 熱中症

    熱中症になるメカニズムをざっくりとね。
    身体の冷却機関の貯水槽が空になって体温が上がった時…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)