『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー 声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

実写ドラマ版テセウスの船第7話 田中元代議士は毒を飲んだ

実写ドラマ版テセウスの船第7話は、
再び過去に戻った心が青酸カリ事件を防ごうと尽力するエピソード。

心は音臼の校庭で見つかった

心は病室で目覚めた。
音臼の校庭で倒れていたのを、みきおが発見した。
みきおが犯人だと教えても、佐野はすぐには信じなかった。
さつきの養子になっていたと教えると、佐野は心を信用した。
さすがに小学生が毒を盛るのは信じがたいからね……。
ただ、本来の歴史ではみきおもさつきも毒を飲んでる。
そしてさつきは死んでしまっていた。
なので、本来の歴史でも共犯かな?……という気はする。

みきおは行方不明となっていた

みきおは急に祖母が死んだせいで、自宅から施設に移っていた。
……と思いきや、みきおは急に「知り合いに会いに行く」と言っていなくなっていた。
この祖母の急死も毒殺じゃないかと疑わしい……。

佐野と心はみきおの自宅に勝手に入った。
そこには心宛てのフロッピーがあった。
これはオリ要素。
それは「僕を捕まえられるかな」という挑戦状だった。
心が第6話で録音したICレコーダーはみきおに奪われていた。
何でみきおが録音の事を知ってたのかっていうね……。
いちいち心の持ち物調べたの?
……ではなく、最初から知ってたんだよね。

佐野と心はさつきの自宅に向かった。
「みきおがさつきの自宅にいるかも」と思ってたけど、いないらしい。
さつき自身にも、みきおの居場所がわかってなかった。
さつきはみきおの生い立ちを語っていた。
それで、みきおを養子にしたいらしい。
その様子からは今のところは共犯関係には見えなかった。

鈴はみきおと下校時に話したらしい。
そして「生まれる子の名前を心にする」と話すと、みきおは「最高」と笑ったらしい。
それで心は、次の狙いが和子だと察した。
心は「佐野が捕まったあと、和子が一家心中を図った」と教えた。
それで、何かを決意したらしい。

脅迫状が届いたという嘘

佐野はお楽しみ会の中止を訴えた。
毒を入れるという脅迫状が届いたと嘘を付いた。
しかし、みんなは軽く見て中止に反対した。
焦った佐野は口論して騒動になってしまう。
村のまとめ役のおっさんが妙に突っかかるのが謎すぎる……。
……それを妻の和子に責められてしまった。
佐野がお楽しみ会中止を訴える理由を話さないので、
和子は「隠し事しないって約束したでしょ」と怒ってた。
それでも言わないので、夫婦の仲は険悪になってしまった。
これでは事件と無関係に家族がバラバラになってしまうと、心は動揺していた。

田中元代議士に毒を飲ませる

翌日、みきおが田中元代議士の自宅にいた。
原作の田中はみきおが怪しいと察してる感じなんだよね。
と言うのも鼻が利くタイプで、みきおが残した気持ち悪い落書きの臭いに勘づいているから。
しかし実写の方は気付かず、みきおの薬を飲んで毒殺された

それからみきおはなぜか佐野の駐在所に電話した
佐野は相手がみきおだと気付いた。
駆けつけると、田中は死体となっていた。
側にワープロで「さよなら、おじいさん。さよなら、心先生」と挑発的な手紙があった。
心はみきおの自宅に単独で出向いた。
また単独行動かよと思ってしまう……。
しかし、みきおの自宅には何も無かった。
そこで心は「佐野家に1人でいる和子が狙い」と気付いた。
不気味な絵ではなくワープロの手紙を残せば、
心達はみきおの自宅のワープロを調べに来るだろうと、行動を予測していたんですね。
この展開はオリ要素。
原作だと、不審者が佐野家に来て和子にナイフを出そうとしたけど、
ちょうど佐野自身も在宅だったので、凶行は中止してた。
実写ドラマでは、みきおが自分が作ったスープを味見して欲しいと和子に頼んでいた。
でも、そのスープは別に毒入りではなかった。

今すぐこの村出ろ

佐野は「今すぐこの村出ろ」と家族に命じた。
強圧的な態度に、和子も子らも反発した。
……当たり前でしょ。
和子は事情を聞きたがったけど、佐野は答えなかった。
と言うか「今は事情を話せないけど、村から離れてくれ」「全て終わったら事情を話す」とか頼めばいいじゃん……。
この辺の佐野は、原作とはかなり性格が違う。
心は自分の家族がバラバラになったと話して、諫めた。
すると、佐野は土下座して今は村から離れてくれと懇願し、和子達は応じた。
土下座はともかく、最初からそれをやれよw

和子達は自宅の庭にタイムカプセルを埋める事にした。
本来なら、明日のお楽しみ会で埋めるはずだったけど、
今すぐ村を出るから代わりに自宅の庭に埋めようと。
心も同様に結婚指輪を封筒に入れて、自分の本来の家族の系図を書いた紙を入れた。
そして翌朝、和子達は車に乗って村を出た。

最後は、みきおを探す心達がみきおの校内放送を聞いて、放送室に駆けつけたという引き。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)