声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

とある科学の超電磁砲T第25話「私の、大切な友達」共生エンド

とある科学の超電磁砲T第25話「私の、大切な友達」は、
美琴がドッペルゲンガーを破壊する結末回。
原作第13巻95話中間から最後の96話まで。

アイデンティティを保てない

アバンはスカベンジャーのリタの指示どおりに美琴が超電磁砲を撃ってた。
しかし直前で「待て、射線上に」と言われ、狙いを反らせてた。
それで美琴はドッペルが死ぬ気だったと察してた。
ドッペルは自分は機械の方だと気付いてアイデンティティが保てなくなった
魂を持たないことが苦痛らしい。
なぜ魂を欲しがるのかツッコまれてた。
ドッペルのAIのオリジナルは繰歯の人格で、
繰歯がそういう人間観なんでしょ……。
繰歯にとって魂がないのは苦痛。
繰歯のコピーであるドッペルも同様ってこと。

美琴はドッペルを超電磁砲で破壊した。
ドッペルは家電の廃棄と同じと、
美琴が苦悩しないよう軽口叩いてた。
そこに繰歯と研究所所長が来てた。

撃つつもりは……

所長は動揺しつつも、ドッペルを直すと繰歯に命じてた。
繰歯はもう研究は続けられないと拒否した。
……ので、所長はピストル出して繰歯を人質にした。
なぜピストルなんか持ってたんだろうね……。
所長は美琴を「何としても引き渡してもらう」と脅した。
別にドッペル回収を美琴が妨害したとは思えないんだよね。
美琴は魂などなかったと訴えただけ。
魂の拡散はドッペルの人工筋肉が操ってっただけ。
所長はその話を信じなかった。

繰歯は所長に「もう止めよう」と掴みかかって訴えた。
その拍子に所長はピストルを発射してしまった。
どんだけトリガー軽いんだw
「撃つつもりは……」と言い訳して所長は逃げた。

美琴は黒子を電話で呼んだ。
病院はリタが既に連絡してた。
黒子がテレポートして繰歯とドッペルを病院に運んだらしい。
これはアニオリで、原作はスカベンジャーが「紙飛行機」で運んでる。
ついにお姉様やっちゃったとツッコまれてた。
一瞬、そう思ったとしてもおかしくないw

逃げた所長は食蜂が「初心を思い出させる」洗脳をしてた
やり直す気概があるなら、もう一度這い上がれと。
医療難民に安価な医療を提供するという志があったらしい。
やさしいって総ツッコミだった。
それ自体は有益なのでチャンスを与えたんでしょうね。

貞操の危機

暗転後は美琴が、繰歯が一般病棟へ移ったとメールを読んでた。
黒子は感謝としてキスをせがんでた。
そこに食蜂が来た。
このシーンは全てオリジナルエピソード。
黒子は食蜂といつの間にそんな仲にと怒ってた
食蜂は「あなたのお姉様を取ったりしない」と耳元で忠告してた。
逆に黒子を狙ってると仄めかしてたw
更に佐天と初春も来てた。
佐天は、帆立の縦ロールをお嬢さまって感じだと褒めてた。
食蜂を「女王」と聞いて、2人とも盛り上がってたw
黒子は「貞操の危機」と言って美琴に泣きついてた。
食蜂が何か記憶を弄ったらしい。
そして食蜂は「退屈しないわね。この街は」と呟いた。
美琴の台詞wってツッコまれてた。
黒子の記憶を読み取った?

元のランク

中間はスカベンジャーが新メンバーの話をしてた。
発案はナルで「イエローが足りない」という戦隊もののノリだった。
清ヶがナルの紙でスーツ作るって話に乗ってしまい、
清ヶを脱がして確かめようと襲いかかってた。
清ヶは摩擦をゼロにしてナルの手を防いでた。
でも清ヶの能力は3分で切れるらしい。
……ので、清ヶは逃げた。
と思いきや、ナルはドアに紙を仕込んでた。
始めからこれが狙いだった。
バカのくせにと清ヶは動揺しつつも脱がされた。
「清ヶたんの清ヶたん」を見られたらしい。

更に上司からギャラなしという通知が来てた。
リタは「舐めるな」と食ってかかった。
スジを通してリスクに見合う報酬を寄越せと。
上司は折れてスカベンジャーのランクを元に戻した
こうもあっさり折れるの、始めからそのつもりだったんでしょ。
ただ、無報酬を呑むならそれに越したことはない。
リタが抗議したら、折れて見せてランクを元に戻すのを報酬にする。
そうでないと逆に上司の方が舐められるんだろうなと。

私の妹

これもアニメのオリエピソード。
美琴は病院の中庭で御坂妹と一緒に近況を話してた。
外出を制限されてるので刺激に飢えているらしい。
そこに婚后が来てた。
美琴は御坂妹を「私の妹」と紹介した。
名前を聞かれて「保留」と答えた。
それは猫の名前だった。
御坂妹自身の名前は「10032号」と答えた。
婚后は「いっちゃん」と呼ぶことにした。
逆に婚后自身は「みっちゃん」と呼んで欲しいらしい。
婚后が一番かわいいとツッコまれてた。
美琴と同じ中学の制服と聞かれて「コスプレです」と答えた。
婚后との会話は噛合ってなかったw

水族館

食蜂と警策はクローンドリーを水族館に連れてた。
かわいいってツッコみだった。
これも全部オリエピソード。
食蜂の能力なら学園都市の外に行くのは余裕。
警策曰く、海に行くには遠出が必要で、ドリーにはまだ早いらしい。
夫婦かよとツッコまれてた。
この2人、保護者っぽいんだよね。

共生

最後に繰歯がドッペルの夢を見てた。
繰歯のサイボーグ計画の修正ポイントを指摘してた。
ドッペルは「共生」してるらしい。
ドッペルの内臓を移植したのが共生の原因?
ドッペルは研究のダメ出しを続けた。
更に「黒歴史」を語ろうとして、繰歯は「やめて」と懇願してたw
これもかわいいとツッコまれてた。
繰歯は、ドッペルにとって美琴との戦闘は充実してたと教えた。
美琴は「アンタも結構強かった」と夢で言っといてと答えた。
そして、いつものメンツで帰ってた。

アンケートは「とても」が95.4%「まあまあ」が2.4%、計97.6%が「良かった」だった。
とある科学の超電磁砲T第25話アンケート

超電磁砲は構成が上手いと好評だった。
禁書目録3期を引き合いに出すコメントもあった。
あっちはダイジェスト的にエピソード詰めまくってたもんね……。

One Response to “とある科学の超電磁砲T第25話「私の、大切な友達」共生エンド”

  1. とある科学の超電磁砲T BS11(9/25)#25

    第25話 私の、大切な友達 美琴の超電磁砲はドッペルゲンガーを外した。彼女の狙いを理解したからだった。それでも自身の破壊を求めるドッペルゲンガー。生き続けることは出来ない…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)